• 組織統治
  • 人権
  • 労働慣行
  • 環境
  • 公正な事業慣行
  • 消費者課題
  • コミュニティ参画・発展

環境

事業活動による環境影響に対する責任を果たしていくために、中長期的計画に基づく環境負荷削減活動に取り組んでいます。

環境マネジメント

環境配慮の考え方を示す環境基本理念と、具体的な取り組みの指針としての環境基本方針を制定。
環境目標の達成に向けて積極的な取り組みを進めています。

環境基本理念

あすか製薬は「先端の創薬を通じて、人々の健康と明日の医療に貢献する」との経営理念のもと、社会に貢献し信頼される会社として、環境問題への取り組みを当然の使命と受け止め、すべての事業活動を対象に環境の保護と環境負荷の継続的低減に努めます。

環境基本方針

1. 環境マネジメント体制を確立する
私たちは環境マネジメントシステムを構築・運用し、目的・目標を定め、環境保全活動の推進と継続的な改善に努めます。
2. 環境法規制および当社が同意した
その他要求事項を遵守する
私たちは当社に適用される環境に関する法律、規制および当社が同意したその他の要求事項すべてを遵守します。
3. 研究・開発、生産、営業など事業活動の
環境負荷の継続的低減に努める
私たちはすべての事業活動において省資源、廃棄物等の削減・再利用の促進および大気汚染・水質汚濁・化学物質等の排出抑制に取り組み、社会に対する環境負荷の継続的低減に努めます。
4. 環境に配慮した施設計画、技術・製品開発を行う
私たちは環境に配慮し環境負荷の少ない施設計画、技術・製品開発に努めます。
5. 企業市民として環境コミュニケーションの向上に努める
私たちは積極的に地域の環境活動に参加・支援し、良き企業市民として社会の環境保全に貢献します。
6. 従業員への環境教育、啓発に努める
私たちは環境保全に関する教育・啓発活動を通して、全従業員の環境に対する理解と意識の向上を図ります。

「あすか製薬環境基本方針」は、社内外に公開いたします。

2009年10月1日
あすか製薬株式会社
代表取締役社長
山口隆

全社環境管理会議

あすか製薬は、環境経営を効率的に実践するため、環境管理全般をテーマとする「全社環境管理会議」を定期開催しています。

2016年度の会議では、「2015年度中期環境計画の実績と2016年度の目標」について議論を行いました。参加者間で情報を共有し、意見交換することにより、全社での環境対策推進に寄与しているものと考えています。

全社環境管理体制図

全社環境管理体制図

2014-2016年度 中期環境計画◎=達成 ○=ほぼ達成 △=継続・未達成

重点課題(目的) 目標と取り組み 達成目標年月
2014評価 2015 2016
環境マネジメントシステムの
適切な運用
環境保全推進体制の維持
全社環境管理会議・
全社エネルギー管理会議の定期開催
7月
事業所環境関連委員会の定期開催 適宜
省エネ法定期報告書の作成・提出 7月
改正省エネ法施行に向けた準備 適宜
「JISQ14001環境管理マニュアル」
「エネルギー管理標準」の年度ごとの見直し
「環境管理規程」「エネルギー管理規程」の見直し 適宜
化学物質の排出削減 化学物質適正管理委員会の定期開催 7月、2月
管理マニュアルの実施
省エネ、温室効果ガス(GHG)の
排出削減
省エネ推進委員会の定期開催 年3回
電力デマンド監視の強化
環境配慮型設備への切り替え
全社のエネルギーの使用に関わる原単位を
前年度比1%以上削減
廃棄物の削減 廃棄物管理委員会の活動の充実 4月、10月
3R(リデュース・リユース・リサイクル)活動による
廃棄物の削減
地域社会とのコミュニケーション 環境美化運動の実施と地域との連携強化 適宜
製薬協の環境安全委員会、
地球温暖化対策部会への参画
適宜参加
環境教育の充実と人材育成 社員向けセミナーの企画・実施 適宜
環境関連法令講習会への参加 適宜参加
内部監査員・公的資格者養成 適宜
生物多様性の保全 構内緑化環境の維持

環境負荷低減に向けた取り組み

廃棄物の削減や汚染防止をはじめ、事業所ごとの省エネ活動、再資源化の徹底によるゼロエミッションの実現など、低炭素社会の実現と循環型社会の構築に向けて、全社を挙げて努めています。

低炭素社会の実現に向けて

日本製薬団体連合会(日薬連)は、「2020年度のCO2排出量を2005年度排出量の23%減とする」を努力目標としています。
当社では、日薬連および経済産業省の目標を踏まえ、単年度目標(中期環境目標)として「全社のエネルギーの使用に関わる原単位を前年度比1%以上削減」としました。

2015年度のCO2排出量は、研究部門の統合に伴う西東京事業所(研究所)の閉鎖により、エネルギー使用量が減少し、前年度比89.4%(15,193t-CO2)となりました。今後も中長期的な視野に立った計画立案と対策強化を進め、低炭素社会の実現に向けて取り組んでいきます。

エネルギー使用量(原油換算)

前年度比 91.1%(-634Kl)

エネルギー使用量(原油換算)

CO2排出量

前年度比 89.4%(-1,794t)

CO2排出量

化学物質の管理

当社は、研究・開発・生産の各部門で、さまざまな化学物質を取り扱っており、使用する化学物質の管理を徹底するとともに安全な使用・保管に努めています。

また、事業所ごとに化学物質を適正に管理するための体制が構築され、規程についても適宜見直しを行っています。川崎研究所での取り組みとして各部署で使用している化学物質の分類・集計を行い、適正管理を推進しています。今後もPRTR法対象化学物質の排出・移動量の削減を図るとともに、より安全な化学物質への代替を検討し、化学物質の適切な管理を進めていきます。

主要な化学物質の取扱量

前年度比 74%(-2.9t)

主要な化学物質の取扱量

省エネの取り組み

当社は、省エネルギー活動によりエネルギーの効果的使用、無駄なエネルギー使用の排除、冷暖房の適切な管理や遊休設備の停止などの取り組みに加えて、設備更新にあたっては、省エネ効果の高い機種の導入を積極的に進めています。また、環境省主導の「環境月間」「ライトダウンキャンペーン」などの取り組みに参画しています。

2015年度の各事業所における設備に関する取り組み実績

いわき工場
  • ・変圧器1台を省エネタイプに変更
  • ・太陽光発電設備の設置
川崎研究所
  • ・給湯器1台を省エネ器具に変更
  • ・変圧器1台を省エネタイプに変更
  • ・エアコン12台を高効率および省エネタイプに変更
本社
  • ・契約電力を338kWから331kWに低減し運用(2015年1月~)

大気・水資源保護

当社は、大気汚染防止のため、大気への負荷物質の排出量の低減に取り組んでいます。研究所・工場におけるNOx、SOx、ばいじんなどについて、年2回各地域の法令・条例に基づき濃度を測定し、定期的に報告しており、すべて基準値を下回っています。川崎研究所においては、2機を都市ガス専燃型ボイラーに、1機を100%灯油燃料による低公害型で運転することで、NOxの排出を抑えることができました。

また、研究所・工場で利用した水資源は、法令・条例に基づき適切に処理し、水質を管理した上で河川域、下水に排出しています。いわき工場においては、毎日の水質監視、週1回の水質分析、いわき市環境監視センターへの報告(月1回)、立ち入り検査(年1回)が実施されており、すべて基準値をクリアしています。今後も大気・水資源の適切な管理を行い、排出量の低減に努めてまいります。

大気への排出量

SOx 前年度比 100%(0t) NOx 前年度比 100%(0t)

大気への排出量

集計範囲:川崎研究所、いわき工場、西東京事業所(2014年度まで)

水質汚濁負荷量

BOD 前年度比 114%(+22kg) COD 前年度比 137%(+144kg)

水質汚濁負荷量

集計範囲:川崎研究所、いわき工場、西東京事業所(2014年度まで)

廃棄物削減・再資源化

循環型社会を形成するには、産業廃棄物の適正な管理が不可欠です。当社は、産業廃棄物の削減や資源を効率的に利用するため、廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)活動に積極的に取り組むとともに、事業所ごとに目標・課題を定め、達成に向けた取り組みを進めています。

「廃棄物の出し方」フローチャートを更新し、適正な分別に取り組んだ結果、紙再資源を中心にリサイクル率は61.7%となりました。また、本社では、食堂から排出される生ゴミを配合飼料原料にリサイクルしています。今後も、ゴミの分別やプリンター使用時の両面印刷などを徹底し、廃棄物の削減に取り組み、職場単位さらには個人レベルでの意識高揚を図る施策を展開します。

廃棄物排出量・最終処分量

前年度比 1,700%(+72t) ※最終処分量

廃棄物排出量・最終処分量

港区の「みなとエコ宣言」に登録

当社は、本社のある港区が推進している「みなとエコ宣言」に登録し、省エネルギーや節電などの環境に優しい取り組みを行うことを宣言しています。2016年度も昨年度に引き続き「私たちは、クールビズやウォームビズに取り組むこと、ゴミの分別を徹底することを宣言します」とし、本社ビルの入り口にステッカーを貼るなどして、社員への周知を行っています。