あすか製薬のSDGs

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGsロゴイメージ出典:国連広報センター
SDGsロゴイメージ出典:国連広報センター

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

*外務省HPより
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/
about/index.html#about_sdgs

あすか製薬が主に取り組むSDGs

あすか製薬として果たすべき役割を踏まえ、SDGs(持続可能な開発目標)の17目標の中から、重点目標として以下の6目標を掲げて、取り組んでまいります。

経営理念「先端の創薬を通じて、人々の健康と明日の医療に貢献する」を実現するため、ホルモン製剤を中心にニッチなメディカルニーズに対応しています。
内科、産婦人科、泌尿器科の重点3領域に特化した医療用医薬品の研究・製造・販売を通じ、持続的な成長を目指しています。

【具体的な取り組み】

産婦人科領域全般のホルモン製剤、肝性脳症治療薬、甲状腺ホルモン製剤など

あらゆる差別のない社会・企業の実現に向け、社員の尊厳を守りながら一人ひとりが最大限に力を発揮し合える職場づくりを進めています。
また、ホルモン製剤を中心に、より良い医薬品を提供することで、女性のライフデザインやリプロダクティブヘルスへのサポートを通じて、女性のQOL向上に貢献しています。

【具体的な取り組み】

勤務地限定MR制度、在宅勤務制度、時間単位の年休付与、経口・緊急避妊剤、子宮筋腫治療剤、月経困難症治療剤、不妊症治療剤など

有効性、安全性に優れた高品質な医薬品を安定的に供給するべく、品質保証体制と安全監視体制の継続的な強化に取り組んでいます。

【具体的な取り組み】

自社工場・製造委託先や外部倉庫の活用による適正在庫の確保、品質システムの運用(経営陣が参画するマネジメントレビュー)、リスク管理計画の着実な実施など

すべての事業活動を対象に環境の保護と環境負荷の継続的低減を目指し、エネルギー使用量の減少、廃棄物の削減・再利用の促進、大気汚染・水質汚濁・化学物質などの排出抑制に取り組んでいます。

【具体的な取り組み】

省エネルギー活動の推進、温室効果ガス排出削減(重油から都市ガスへ転換)、環境マネジメントシステムの構築・運用など

研究アライアンス活動およびアカデミアや外部機関との協働、産官学連携による研究開発活動の促進による創薬パイプラインの拡充に取り組んでいます。
当社の歴史が根ざしたホルモン関連物質による健康生活の課題解決(QOL向上や予防など)に向けて、より良い医薬品の開発を進めています。

【具体的な取り組み】

湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)への研究所移転、既存医薬品における小児用法用量や適応症の追加など

今後も、SDGsの開発目標を踏まえ、当社は持続的な成長と社会への貢献を追求します。