リフキシマの製品情報 リフキシマ(一般名:リファキシミン)は、Alfa Wassermann社(イタリア)が開発したリファマイシン系抗菌薬の一つです。

血漿中濃度

健康成人:単回投与 1)

健康成人男性に、リファキシミン550mg、1100mgおよび1650mgを空腹時単回投与した結果、血漿中濃度の推移および各種薬物動態パラメータは以下のとおりであった。
リファキシミンの単回経口投与時の血漿中リファキシミン濃度の平均値は、投与群間でほぼ同様のパターンで推移し、ほとんどの被験者で投与後12~24時間に定量下限(0.25ng/mL)未満となった。

血漿中リファキシミン濃度

肝性脳症患者:反復投与 2)

肝性脳症患者に、リファキシミン400mgを1日3回14日間食後経口投与した国内第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験における、Child-Pugh分類別の薬物動態パラメータ(投与Day8~14)は以下のとおりであった。

薬物動態パラメータ

慎重投与:重度の肝機能障害を有する患者

本剤は難吸収性抗菌薬です。

  1. 1)社内資料(リフキシマ錠 国内第Ⅰ相臨床試験)[承認時評価資料]
  2. 2)社内資料(リフキシマ錠 国内第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験)[承認時評価資料]

基本製品情報

製剤特性
薬効薬理
肝性脳症の発症機序と
リフキシマの作用機序
薬理作用
効能・効果/用量・用法
薬物動態
血漿中濃度
分布・代謝・排泄
臨床成績
国内第Ⅱ/Ⅲ相試験
国内第Ⅲ相試験
副作用(承認時累計)

ページトップへ