沿革沿革

1920年6月 創業者山口八十八、帝国社臓器薬研究所を横浜市南吉田町に創立
1922年7月 「チラーヂン」を発売
1929年6月 法人に改組「株式会社帝国社臓器薬研究所」となる
1936年1月 高津工場(現・川崎事業所)を神奈川県橘樹郡(現・川崎市)に新設
1945年10月 社名を「帝国臓器製薬株式会社」と改称
1946年10月 本社を東京都港区芝南佐久間町(現・港区西新橋)に移転
1955年9月 東京証券取引所に株式を上場
1957年6月 動物用医薬品の製造・販売を開始
1962年11月 本社を港区赤坂に移転
1980年4月 いわき工場を福島県いわき市に新設
1981年9月 前立腺肥大症治療剤「プロスタール錠25」を発売
1986年10月 H2受容体拮抗剤「アルタットカプセル75」を発売
1991年5月 子会社「株式会社メディカル・システム・サービス神奈川(現・株式会社あすか製薬メディカル)」設立
1991年6月 山口 隆社長就任
1997年4月 国際駐在員事務所をドイツ・フランクフルトに開設
1999年9月 経口避妊剤「アンジュ28」を発売
2000年6月 創立80周年を迎える
2001年9月 本社社屋を港区芝浦に新設、移転
2005年3月 高脂血症治療剤「リピディルカプセル」を発売
2005年10月 グレラン製薬株式会社と合併、社名を「あすか製薬株式会社」と改称
2009年2月 更年期障害治療剤「メノエイドコンビパッチ」を発売
2009年3月 いわき工場第三製剤棟竣工
2009年4月 合弁会社「あすかActavis製薬株式会社」設立(2017年4月 当社に吸収合併)
2010年6月 創立90周年を迎える
2011年5月 緊急避妊剤「ノルレボ錠」を発売
2011年12月 高脂血症治療剤「リピディル錠」を発売
2012年7月 H2受容体拮抗剤「アルタット細粒」を発売
2013年4月 いわき工場品質管理棟竣工
2013年6月 子会社「あすかアニマルヘルス株式会社」設立
2014年2月 LH-RH誘導体 マイクロカプセル型徐放性製剤
リュープロレリン酢酸塩注射用キット「あすか」を発売
2014年9月 持続性アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤
日本薬局方 カンデサルタン シレキセチル錠「あすか」を発売
2015年10月 あすか製薬 発足10周年を迎える
2016年11月 難吸収性抗菌薬「リフキシマ錠200mg」を発売
2016年12月 いわき工場 第四製剤棟 竣工