更年期障害について監修:野崎ウイメンズクリニック院長 野崎雅裕先生

更年期は、閉経をはさんだ約10年間(45~55歳頃)のことで、すべての女性に訪れます。更年期を迎えると、多くの女性に特有の症状が現れ、つらい症状を訴えるケースも少なくありません。このように、症状がひどく治療を要する場合を指して「更年期障害」と呼びます。
  • 症状と原因
  • セフルチェック
  • ホルモン補充療法(HRT)とは
  • ホルモン補充療法Q&A

ホルモン補充療法Q&A

HRT(ホルモン補充療法)はどんな人に向いていますか?
HRTは不足したエストロゲンを投与する治療法です。このため更年期障害の症状に大変有効ですので、健康上特に問題のない人であれば、試してみる価値のある治療法といわれています。
HRTを受けてはいけない人は?
以下の疾患や症状がある場合には、HRTを受けることができません。
    • ○乳がん
    • ○子宮体がん
    • ○血栓症
    • ○心筋梗塞
    • ○狭心症
    • ○脳卒中
    • ○診断の確定していない
      異常性器出血
    • ○重い肝障害
    • ○ポルフィリン症
HRTではどのような検査を行いますか?
次のような検査を行います。
    • ○問診
    • ○血圧、身長、体重の測定
    • ○血液検査
    • ○子宮、卵巣、乳房の検査  など
これらの検査は健康管理にも役立ちますので、定期的に受けましょう。
前のページ次のページ