生産生産

充実した研究開発から誕生した医薬品を、徹底した品質管理体制で生産・供給。

生産1

医薬品には有効性と安全性、そして品質の確保と安定供給が求められています。

あすか製薬では社員一人ひとりが「医薬品がもつ、人間の生命や健康に直接関わる重要な使命」をいつも心に刻み、生産活動を行っています。

工場ではGMP(医薬品の製造管理および品質管理に関する基準)等の基準を遵守するのはもちろんのこと、独創性を発揮して徹底した品質管理体制を確立することにより、常に高い品質を目指す工夫を続けています。

2009年には最新鋭の設備と高度な技術を導入した第三製剤棟が竣工し、生産能力が飛躍的に増大しました。あわせて、コンピュータ・ネットワークによる合理的な生産管理システムも一新し、従来からの生産ラインを含め、多種類の製品製造に適合するシステムをより一層充実しています。

あすか製薬は、絶え間ない技術革新に取り組み、コストを削減しながら生産性を高め、高品質で安全な薬を供給しています。

  • 生産2
  • 生産3
  • 生産4