更年期障害について監修:野崎ウイメンズクリニック院長 野崎雅裕先生

更年期は、閉経をはさんだ約10年間(45~55歳頃)のことで、すべての女性に訪れます。更年期を迎えると、多くの女性に特有の症状が現れ、つらい症状を訴えるケースも少なくありません。このように、症状がひどく治療を要する場合を指して「更年期障害」と呼びます。
  • 症状と原因
  • セフルチェック
  • ホルモン補充療法(HRT)とは
  • ホルモン補充療法Q&A

症状と原因

更年期障害の症状とその原因

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンが急激に減少することでホルモンバランスが乱れることが原因になるほか、家庭や職場といった環境からの様々なストレスや、本人の性格などによる影響が大きく作用することもあります。このため、更年期障害の現れ方は一人ひとり異なります。

更年期障害の症状

危険な病気の誘発にもつながるエストロゲン不足

また、エストロゲンが少ない状態が続くと、腟炎や性交痛、尿失禁などが現れるほか、長期的には動脈硬化や骨粗鬆症といった病気にもなりやすくなります。

エストロゲン低下による諸症状
前のページ次のページ