5αリダクターゼとは?抑制する方法やAGAを引き起こす原因を解説

5αリダクターゼとは?
抑制する方法やAGAを引き起こす原因を解説

※本ページはプロモーションが含まれております

#AGA #はげ #薄毛 #育毛

「5αリダクターゼって何?」
「5αリダクターゼを抑制するにはどうすればいい?」

5αリダクターゼはヒトの体内にある還元酵素の一種です。

5αリダクターゼにはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンを生成する役割があり、DHTはAGA発症の要因の一つです

この記事では、以下の内容について解説しています。

AGAの発症原因について気になっている方、将来的な薄毛が心配な方は参考にしてください。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

また、あすか製薬メディカルは5~10本の毛髪でAGAリスク及びDHT値がわかる「毛髪ホルモン量測定キット」を提供しています。AGAリスクが気になる方は、ぜひ一度お試しください。

※3cm以上の髪の毛を5本以上。長さが足りない場合は10本以上切ってください。

※本検査キットは医師の診断に代わるものではありませんので、AGAが疑われる場合には医療機関にご相談ください。


※ 本記事はあすか製薬グループの編集ポリシー及び運営体制による校閲テストをクリアして公開されています。

この記事を書いた人

みんなのホルモン研究所

編集部

みんなのホルモン研究所

編集部
AGAをはじめとした脱毛症について、専門家に実際に取材を重ね豊富な知識をもつ。
当メディアの運営ポリシーについて

もっと見る

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

※DMMオンラインクリニックはプラットフォーム事業者です。

5αリダクターゼとは?|AGAとの関係についてもご紹介

5αリダクターゼとは、人間の体内に存在する還元酵素の一種です。

人間には消化・吸収・代謝・排泄といった、体内の化学変化をもたらす「酵素」と呼ばれる物質があります。酵素は人間が生命活動を行うにあたって必要なものです。

5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種「テストステロン」と結合することによって、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換する酵素です。

DHTは男性型脱毛症「AGA」を発症させる原因の一つとされています。

5αリダクターゼが直接的に薄毛を進行させるわけではありませんが、5αリダクターゼの活性度が高い方はAGAを発症しやすいと考えられています

5αリダクターゼの種類

5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があり、それぞれ分布する部位や特徴が異なります。

  5αリダクターゼⅠ型 5αリダクターゼⅡ型
分布する部位 ほとんど全身の皮脂腺 前頭部・頭頂部・脇・髭・陰部
特徴 皮脂の分泌量が多い ・頭部では脱毛を促す
・頭部以外の部位では発毛を促す

中でも、AGAの発症に関わる「DHT」を生成しやすいのは、5αリダクターゼⅡ型とされています。

AGAは主に前頭部・頭頂部の薄毛が進行する脱毛症で、これは5αリダクターゼⅡ型が前頭部・頭頂部の頭皮に多く存在することが原因です

また、5αリダクターゼⅡ型は頭部以外にも、脇・髭・陰部などに分布しており、頭部以外においては発毛を促す作用があります

そのため、髪の毛が薄くなるのに対し、脇毛や髭が濃くなる方の場合、5αリダクターゼの活性度が高い可能性があります。

5αリダクターゼの役割

5αリダクターゼの役割は大きく次の2つです。

  • ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する
  • 男性らしい身体をつくる

5αリダクターゼは薄毛の進行に関わる物質ですが、男性らしい身体をつくる役割も持っています

ここからは、それぞれの詳細について見ていきましょう。

ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する

AGAのメカニズム

5αリダクターゼの役割の一つが、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成です。

DHTはAGAを発症する要因の一つで、具体的には次の流れで発症します。

  1. テストステロンと5αリダクターゼが結合する
  2. DHT(ジヒドロテストステロン)が発生する
  3. 男性ホルモンレセプターがDHTをキャッチする
  4. 脱毛因子「TGF-β」が増加する
  5. TGF-βが毛乳頭細胞に退行期のシグナルを出す

5αリダクターゼは、男性ホルモンの「テストステロン」と結合することによってDHTを生成します。

ヒトの細胞内には「男性ホルモンレセプター」という受容体があり、DHTを取り込んで脱毛因子「TGF-β」を生成し、薄毛を進行させます

男性らしい身体をつくる

5αリダクターゼによって生成されたジヒドロテストステロンは、AGAの発症だけでなく、男性らしい身体をつくるためにも必要です。

男性生殖器の形成や成長に必要で、筋肉を増大させたり、髭など体毛を濃くしたりする役割もあります。

そのため、5αリダクターゼの活性度は必ずしも少ない方が良いわけではありません。

 

DHT量を測る「毛髪ホルモン量測定キット」でAGAリスクをチェック

 

あすか製薬メディカルは5~10本※の毛髪で、AGAリスク及びDHT値がわかる「毛髪ホルモン量測定キット」を開発しました

※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上切ってください

検査に必要な毛髪量は5〜10本で、自宅で手軽に検査キットを使用してAGAリスク及びDHT値を測定することが可能です。

検査結果レポートでは、AGAのリスクレベル評価に加え、あなたに合った今すぐできるAGA対策を知ることができます。

※医師の診断に代わるものではありませんので、AGAが疑われる場合には医療機関にご相談ください

最近薄毛が気になってきた方や、将来的なAGAリスクが気になる方は、ぜひ一度「毛髪ホルモン量測定キット」をお試しください。

 

5αリダクターゼの活性度が高いとAGAリスクが高まる

5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素で、この変換過程は男性型脱毛症(AGA)の発症に深く関わっています。

DHTはAGAの主要な原因とされており、毛乳頭の中の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結合することで、毛母細胞の活動を抑制し、ヘアサイクルの成長期を短縮させます。
これにより、髪の毛が十分に成長せず、細く短い髪が増え、最終的には薄毛が進行します。

5αリダクターゼの活性度が高い状態だと、DHTの生成量も増加します。
DHTが多く生成されると、毛母細胞への影響が強まり、薄毛が進行しやすくなります。

特に、アンドロゲンレセプターのDHTに対する感受性が遺伝的に強い方は、さらにAGA発症のリスクが高まるとされています。

5αリダクターゼの活性度が高いとAGAのリスクが高まることから、AGA治療薬としては、この酵素の活性を抑制する薬剤が用いられています。

5αリダクターゼが多い人の特徴は?

チェックが付いたブロック

5αリダクターゼが多い方には、どんな特徴があるのでしょうか?以下で解説していきます。

5αリダクターゼが多い人の特徴

5αリダクターゼは、Ⅰ型とⅡ型の2種類があります。

Ⅰ型は、全身の体毛や皮脂腺に分布しており、皮脂の分泌量が多いのが特徴です。
皮脂の分泌が多い方は、この型の酵素が活動的である可能性が高いです。

Ⅱ型は、特に前頭部や頭頂部に多く存在します。前頭部や頭部の薄毛に悩む方は、Ⅱ型の酵素が特に活動的な可能性があります。
また、Ⅱ型はジヒドロテストステロンに変化しやすいといわれています。

女性でもある?

5αリダクターゼは女性の体内にも存在し、頭皮全体に分布していますが、それが必ずしも薄毛の原因になるわけではありません。

女性の脱毛症であるFAGA(女性型脱毛症)の発症要因は、AGAとは異なります。
FAGAの主な原因としては、遺伝的要因、加齢によるエストロゲンの減少、自律神経の不調などが挙げられます。

エストロゲンは髪の健康を支える重要な役割を担い、その減少はFAGAのリスクを高めます。
したがって、女性の場合、5αリダクターゼの分布だけではなく、これらの要因も考慮する必要があります。

ニキビが多い人は5αリダクターゼが多い?

5αリダクターゼⅠ型は、皮脂の分泌を促進する働きがあります。

そのため、この酵素の活性度が高い方は、皮脂の過剰分泌によりニキビができやすい傾向にあります。
ニキビの主な原因の1つは皮脂の過剰な分泌であり、これが毛穴を詰まらせ、ニキビの発生につながることがあります。

実際にニキビが多い方は、健康な方に比べて、5αリダクターゼの活性度が高いことが研究で示されています。

5αリダクターゼの活性度は遺伝が大きく影響する

5αリダクターゼの活性度は、遺伝による影響が大きいと考えられています。

5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性遺伝です。両親のどちらか一方が、5αリダクターゼの活性度が高ければ、子供にもその情報が引き継がれやすいとされています

AGA発症に遺伝が関係していると言われているのはこれが由縁です。

また、5αリダクターゼの活性度だけでなく、男性ホルモンレセプターの感受性も遺伝による影響が大きいと考えられています。

男性ホルモンレセプターの感受性は隔世遺伝するとされており、両親が薄毛でなくても、先祖に薄毛だった人がいれば世代を超えて薄毛を受け継ぐ可能性があります

5αリダクターゼを減らす方法

5αリダクターゼを抑制する方法には、大きく次の2つがあります。

  • 5αリダクターゼの抑制が期待できる食べ物を摂取する
  • 専門医に相談した上でAGA治療薬を服用する

それぞれの詳細について解説していきます。

5αリダクターゼの抑制が期待できる食べ物を摂取する

5αリダクターゼの抑制が期待できる食べ物には、以下のものがあります。

名前

詳細

イソフラボン

・5αリダクターゼを抑制し、髪の成長をサポートする

・IGF-1の分泌を促進し、髪の毛の成長に関与する

・エストロゲン(女性ホルモン)作用により、男性ホルモンの影響を減少する

・イソフラボンが含まれる主な食材:大豆製品(豆腐、味噌、大豆乳など)

カテキン

・ウーロン茶:5αリダクターゼの活動を抑制しAGAを予防する

・緑茶:カテキン、特にエピカテキンガレート(EGCg)が5αリダクターゼを抑制する

・これらの飲料を日々の食生活に取り入れることで、5αリダクターゼの抑制とAGAの予防と改善になる

専門医に相談した上でAGA治療薬を服用する

AGA治療には、専門の医師の診断と指導が重要です。主な治療薬について、以下で解説します。

フィナステリド

フィナステリドは、AGA治療に広く用いられる5αリダクターゼII型の活動を阻害する薬であり、DHTの生成をおさえ、毛髪成長を促進する作用があります。

プロペシア錠は元々、前立腺肥大症の治療薬として開発され、AGA治療薬としてもFDAの認可を受けています。
副作用として、性欲減退や勃起機能不全がまれに報告されています。

効果と副作用のバランスを考慮し、医師と相談をしながら使用することが推奨されます。

デュタステリド

デュタステリドは、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型両方を阻害する、AGA治療薬です。
この特徴により、フィナステリドよりも広範な効果が期待されています。

副作用として、性欲減退や勃起機能障害などの男性機能低下が報告されていますが、発現率は低めです。
一方、女性化乳房や乳房痛などの乳房障害、肝機能障害もまれに発生することがあります。

また、気力低下やうつ症状、蕁麻疹などのアレルギー反応があらわれる可能性もありますが、これらの副作用は極めてまれです。
服用の際は、副作用に注意しつつ医師と相談しながら使用しましょう。

喫煙等の生活習慣に気を付ける

AGAの進行には、飲酒や喫煙などの生活習慣が影響を与えます。

これらの行動は亜鉛の消費を増やし、5αリダクターゼの活性を高めることがあります。
亜鉛は、5αリダクターゼの活動を抑制する効果があるため、これが減少するとAGAのリスクが高まります。

特に、喫煙はジヒドロテストステロンの分泌を増加させる原因として知られています。

飲酒や喫煙の習慣を控えることが、AGA管理には重要です。

ウーロン茶が5αリダクターゼを阻害して育毛を促進するって本当?

結論から言うと、正確なエビデンスはありません。

ウーロン茶エキスと男性ホルモンの因果関係はまだ特定されていません。したがって、ウーロン茶を飲めば5αリダクターゼを抑制できるというものではないためご注意ください。

よくある質問

5αリダクターゼは、AGAに深く関連しています。以下において、5αリダクターゼに関するよくある質問について回答します。

筋トレやランニング等の運動で5αリダクターゼを抑制できる?

筋トレやランニングなどの運動が、直接的に5αリダクターゼを抑制するという明確な科学的根拠はありません。

しかし、運動により分泌されるテストステロンは、5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロン(DHT)に変化する可能性があります。

DHTはAGAの主な原因とされていますが、運動によってテストステロンが増加しても、必ずしもDHTが増えるわけではありません。
実際、運動は汗や尿を介してDHTを体外に排出する効果が期待でき、間接的にAGAのリスクを減少させる可能性があります。

また、運動は血行を改善し、ストレスを減らす効果もあるとされており、髪の健康に良い影響を与えると考えられます。

5αリダクターゼを抑制するサプリとはどんなものがあるの?

5αリダクターゼを抑制する主なサプリメントとして、ノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボンがあります。

ノコギリヤシは特に、前立腺肥大症治療に用いられており、AGA治療にも効果があると期待されています。
一方、亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンの生成を助け、イソフラボンは5αリダクターゼの活性を抑制する作用があります。

オナニーをすると5αリダクターゼがたくさん分泌される?

自慰行為によって5αリダクターゼが増えることは、科学的に根拠がありません。

射精により男性ホルモンが一時的に増えることは事実ですが、これがAGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」の増加に直結するわけではありません。

また、射精で消費される亜鉛の量が、5αリダクターゼの活性度に影響を与える程度ではないことが指摘されています。

まとめ:今すぐ「毛髪ホルモン量測定キット」でAGAリスクを確かめよう

5αリダクターゼは人間の体内に存在する還元酵素の一種です。テストステロンと結合することで、AGAの原因の一つ「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成します。

毛髪内のDHT量が多い方は、AGAを発症する可能性があります。

あすか製薬メディカルは、毛髪内のDHT量を測ることでAGAリスク及びDHT値がわかる「毛髪ホルモン量測定キット」を開発しました

5〜10本程度の髪の毛をはさみで切り、送付することで毛髪内のDHT量が測定できます。測定したDHT量からAGA発症のリスクがわかるので、セルフケアやAGA治療などの薄毛対策に役立てられます。

将来的な薄毛が心配な方は、ぜひ一度「毛髪ホルモン量測定キット」をお試しください。

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

※DMMオンラインクリニックはプラットフォーム事業者です。

キットとメディアに関する問い合わせ窓口

ホルモン量測定キット問い合わせ窓口

◆【一般の方】

◆【クリニック・企業様(導入検討など)】

メディア掲載に関するお問合せ窓口