AGA治療は保険適用になる?治療費用の相場や保険適用になるケース

AGA治療は保険適用になる?
治療費用の相場や保険適用になるケース

薄毛が進行するにつれ、AGA治療を前向きに検討している男性は多いことと思います。

治療をはじめるにあたり、気になるのが費用の問題です。保険適用の有無や治療費用の相場など、お金に関することは事前にしっかりと確認しておくべきです。

この記事ではAGA治療における健康保険の扱いや、治療にかかる費用をわかりやすく解説していきます。

もっと見る

AGA治療は保険適用にならない

結論から言いますと、AGA治療は保険が適用されません。

保険適用にならない理由は「AGA治療は命に関わる病気として見なされていない」からです。AGAは毛髪の健康を損なうものではありますが、それ自体が健康被害を及ぼすものではありません。

一方、風邪や骨折は放置すると命が危険にさらされる可能性があるため、保険適用で治療が受けられるというわけです。

保険適用外の治療(自由診療)は、治療を受ける人と治療を行う医療機関が個別に契約を交わすことで行われます。

保険証が使えない治療

保険適用にならない、すなわち保険証が使えない治療は大きく3つの種類に分けられます。

病気・ケガとみなされないものAGA治療正常分娩美容整形手術レーシック手術ワキガ治療など
治療ではないもの健康診断人間ドッグ予防接種など
先進医療に該当するもの*高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術陽子線治療抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査など

※令和3年6月1日現在で84種類。(参考:厚生労働省「先進医療の概要について」

先進医療とは高度な医療技術を必要とする治療法です。公的医療保険の対象にはなりませんが、厚生労働大臣により一定の有効性・安全性は認められています。

例外あり|保険適用になるケース

保険が適用されないAGA治療ですが、広義での「薄毛治療」であれば保険適用になる例があります。

保険適用となる薄毛改善の治療で多いのが、円形脱毛症の治療です。こちらはステロイドや塩化カルプロニウムを用いた外用療法、またアレルギー用薬やセファランチンによる内服療法などで治療を進めていきます。

1点注意したいのが、保険診療と保険外診療の併用(いわゆる混合診療)は原則禁止であるという点です。一部例外はありますが、AGA治療と円形脱毛症の混合診療は認められていないのであらかじめご注意ください。

参考:厚生労働省「保険診療と保険外診療の併用について』

AGA治療は医療費控除も対象外

医療費控除は、自分や家族のために支払った医療費の一部を課税対象額から差し引ける制度のことです。

AGA治療費にこの制度が適用されるのか?その答えはNOです。

国税庁が定める所得税の基本通達には以下の記載があります。

「いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する」

引用:国税庁所得税基本通達 法第73条《医療費控除》関係

AGA治療はこの通達の「容姿を美化」「容ぼうを変える」に該当すると判断され、医療費控除を受けるのは難しいのが現状です。

AGA治療にかかる費用相場

治療費が全額自己負担になると聞いて、気になるのが月々の費用相場です。

AGA治療にはいくつか種類があり、どの治療を受けるかでかかる費用が異なります。

また、同じ治療でもクリニックによって金額が異なる場合も多いです。(自由診療はクリニックが自由に価格を決定できるため)

ここからは、それぞれの治療にかかる費用の相場を詳しく見ていきましょう。

※あくまで相場となりますので、全ての医療機関での料金がこの範囲に収まっていることを示しているわけではありません。治療の際の目安と捉えていただき、詳細な費用については専門の医療機関のホームページをご確認ください。

内服薬による治療|月々3,000〜15,000円が相場

AGA治療で処方される内服薬には、

  • AGAの進行を予防するもの
  • 発毛させるもの

の2種類があります。

どちらか一方のみ処方される場合もあれば、予防と発毛両方のお薬を組み合わせて治療することもあります。(薄毛の進行状況によって異なる)

外用薬による治療|月々10,000〜15,000円が相場

AGAは、内服薬と外用薬を組み合わせて治療を進めることが多いです。

内服薬+外用薬による治療では、月々15,000〜30,000円が相場と言われています。

注入治療による治療|1回20,000〜60,000円が相場

注入治療とは、毛髪の成長因子を頭皮に直接注入し発毛を促す治療法です。

それ単体で受けるというよりは、内服薬と外用薬の補助作用で発毛が実感できるまでの期間を短縮する効果が期待されています。

注入療法は3〜4週間に1度のペースで半年〜1年ほど継続するのが理想です。1回あたりの費用相場から計算すると、年間では数十万〜百万円弱かかることがあります。

自毛植毛による治療|300,000〜2,000,000円が相場

薄毛部位に自分の毛髪を移植する植毛術は、移植範囲によって相場に大きな開きがあります。

1グラフト(移植する毛包の単位)は1,000〜2,000円ほどですが、1回の治療で数百〜数千単位の移植が必要となります。ごく一部のみの移植なら300,000円ほどで済む場合もありますが、広範囲にわたる治療は数百万と高額です。

AGA治療が保険適用になる日はくる?「セルフメディケーション税制」とは

現状、AGA治療は保険適用外の治療として取り扱われています。

しかし、将来的に費用負担が軽減される可能性がゼロかというとそうではありません。

というのも、2017年に開始となった「セルフメディケーション税制」という制度により、イッチOTC医薬品 *を購入した時にその費用について所得控除が受けられることになったからです。

OTC医薬品の対象となるには、厚生労働省が定める基準をクリアすることが条件です。残念ながら、この基準をクリアしたAGA治療薬はまだありません

ただし、AGA治療の有効性が今より評価されるようになれば、治療薬がOTC医薬品として承認される日が来るかもしれません。

患者様の費用負担が少しでも軽減されるよう、制度改正に期待したいものです。

*要指導医薬品および一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品のこと

参考:セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)について

AGA治療と保険適用にまつわるFAQ

最後はAGA治療と保険適用について、多くの方からいただくご質問にお答えしていきます。

Q. 皮膚科でAGA治療を受ける場合も保険は適用されませんか?

されません。

クリニックでも皮膚科でも、AGAを改善させるための治療はすべて自由診療として取り扱われます。

Q. 女性の薄毛治療も保険適用外でしょうか?

薄毛の種類と治療法によります。

薄毛治療で保険適用となる主な例が円形脱毛症です。円形脱毛症にはいくつか治療法があり、そのほとんどが保険診療に該当します。(一部例外あり)

Q. びまん性脱毛症も保険は適用されませんか?

されません。

びまん性脱毛症の治療にかかる費用はすべて患者様の自己負担となります。

Q. AGA治療をやめるとどうなりますか?

AGA治療は継続することでその効果を持続させられるので、治療をやめると再び薄毛が進行する可能性があります。

Q. AGA治療は一生続ける必要がありますか?

一生続けるかどうかは治療を受ける方の判断に委ねられます。

効果の持続を望むなら、治療を継続することをおすすめします。しかし、年齢を重ねることで薄毛が気にならなくなったという場合、治療を中止するという判断もできます。

治療継続を医師が強制することはありません。しかし治療を中断するとお薬の効果がなくなるため、減薬という選択肢も含め、まず担当医に相談するのがいいでしょう。

Q. 育毛剤や発毛剤も保険適用外でしょうか?

保険適用外です。

育毛剤は医薬品医療機器等法(薬機法)において「医薬部外品」または「化粧品」に分類されます。

市販の発毛剤は「第一類医薬品」に該当し、これらはすべてメーカーや販売店が価格を自由に決定していいことになっています。

まとめ

自由診療のAGA治療は、保険適用にならず全額自己負担となります。

治療内容は症状に合わせて医師が提案するものですが、どの方法を選択するかは患者様ご自身で決められます。AGA治療は長く継続することでその効果を持続させられる可能性がありますので、無理なく続けられる方法をお選びください。

AGAかも?と思った時は、クリニック受診前にAGAリスクをセルフチェックできる「毛髪ホルモン量測定キット」の使用もおすすめです。このキットでは毛髪を5~10本採取するだけで、AGAの原因である薄毛ホルモンDHTを測定し、AGAのリスクレベルを4段階で評価します。

※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上採取してください

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

検査結果レポートではご自身のAGAリスクだけでなく、医療機関の受診やセルフケアのソリューションをご提案しています。将来的なAGAリスクが不安な方やAGA治療を検討中の方はぜひご活用ください。

※あくまでAGAのリスクレベルを評価するもので、AGAであるかを診断するものではありません。医師の診察・指導を優先してください。

都道府県別のおすすめクリニック一覧

北海道のおすすめクリニック

札幌のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック札幌院

Dクリニック札幌

宮城県のおすすめクリニック

仙台のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック仙台院

東京都のおすすめクリニック

錦糸町のおすすめクリニック

リバイブAGAクリニック

上野のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック上野院

新宿のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿西口院

Dクリニック新宿

AGAメディカルケアクリニック新宿院

新橋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新橋院

銀座総合美容クリニック

東京のおすすめクリニック

Dクリニック東京

池袋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック池袋院

渋谷のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック渋谷院

町田のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック町田院

秋葉原のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック秋葉原院

AGAヘアクリニック 秋葉原本院

神奈川県のおすすめクリニック

川崎のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック川崎院

横浜のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック横浜院

千葉県のおすすめクリニック

千葉のおすすめクリニック

ふくろうアイクリニック

柏のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック柏院

埼玉県のおすすめクリニック

大宮のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大宮院

AGAヘアクリニック 大宮院

愛知のおすすめクリニック

名古屋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック名古屋院

Dクリニック名古屋

石川県のおすすめクリニック

金沢のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック金沢院

静岡のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック静岡院

岡山県のおすすめクリニック

岡山のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック岡山院

広島県のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック広島院

京都府のおすすめクリニック

四条烏丸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック四条烏丸院

兵庫県のおすすめクリニック

神戸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック神戸三宮院

大阪府のおすすめクリニック

なんばのおすすめクリニック

イースト駅前クリニックなんば院

大阪のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大阪院

Dクリニック大阪メンズ

天王寺のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック天王寺院

福岡県のおすすめクリニック

博多のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック博多院

福岡のおすすめクリニック

Dクリニック福岡

オンライン診療のおすすめクリニック一覧

delling

delling

HAIRTECT(ヘアテクト)

HAIRTECT(ヘアテクト)

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック 大宮院

AGAヘアクリニック 秋葉原本院

ふくろうアイクリニック

ふくろうアイクリニック

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニック川崎院

イースト駅前クリニック大宮院

イースト駅前クリニック秋葉原院

イースト駅前クリニック柏院

イースト駅前クリニック町田院

イースト駅前クリニック横浜院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック博多院

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック広島院

イースト駅前クリニック大阪院

イースト駅前クリニック岡山院

イースト駅前クリニック神戸三宮院

イースト駅前クリニック札幌院

イースト駅前クリニック天王寺院

イースト駅前クリニックなんば院

イースト駅前クリニック四条烏丸院

イースト駅前クリニック金沢院

イースト駅前クリニック名古屋院

イースト駅前クリニック静岡院

イースト駅前クリニック新橋院

イースト駅前クリニック渋谷院

イースト駅前クリニック上野院

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック新宿西口院

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック仙台院

AGAメディカルケアクリニック

AGAメディカルケアクリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック新宿院

都道府県別
おすすめクリニックのご紹介
オンライン診療
おすすめクリニックのご紹介
コロナ抜け毛が
相談できるクリニックのご紹介
ブランド別
おすすめクリニックのご紹介

※おすすめクリニックはカッコイイ株式会社
PRにより掲載されています

毛髪ホルモン量測定キットを詳しくみる