薄毛に効くサプリメントとは|摂取すべき成分とその効果を解説

薄毛に効くサプリメントとは
摂取すべき成分とその効果を解説

「薄毛対策におすすめ」「育毛効果」などと謳ったサプリメントは数多く存在します。

薄毛の悩みを抱えていると、髪にいいと言われるものは何でも試したくなるものです。

と同時に、サプリメントで本当に薄毛が改善するのか不安を感じる方もいるでしょう

そこでこの記事では薄毛対策としてのサプリメント活用について解説します。

育毛にいい成分とその効果も詳しく説明しますので、サプリメント選びの参考にしてください。

なお、あすか製薬メディカルは5~10本※の毛髪でAGAリスク及びDHT(AGAの原因の1つである男性ホルモン)値がわかる「毛髪ホルモン量測定キット」を提供しています。
※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上採取してください。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

将来的な薄毛が心配な方、最近抜け毛が増えてきたと感じる方は、測定キットの活用をおすすめします。

※本検査キットは医師の診断に代わるものではありませんので、AGAが疑われる場合には医療機関にご相談ください。

もっと見る

サプリメントは薄毛に効果がある?あくまでも栄養補助として活用を

スプーンに乗ったサプリ

サプリメントは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」として、栄養を補うためのアイテムとして広く活用されています。

サプリサプリメントが薄毛対策にいいと言われるのは、毛髪の成長に必要な栄養が手軽に補助できるメリットがあるからです。

現代人の食生活では摂取推奨量を下回る栄養素が多いので、サプリメントで不足しがちな栄養を補助するのが大きな目的です。

毛髪は食事から摂取した栄養を源に成長するため、育毛をサポートするという意味ではサプリメントは活用すべきアイテムといえるでしょう。

一方でサプリメントによる薄毛対策には留意すべき点もあります。それはサプリメント自体に薄毛を改善したり発毛を促す効果は期待できないということです。

サプリメントは医薬品ではなく「食品」として扱われるので、あくまでもセルフケアの一環としてお使いください。

参考文献

薄毛対策に重要な成分は「ケラチン」

サプリメントメントで薄毛対策をするなら、毛髪の主成分である「ケラチン」を補うことが大切です。

ケラチンは毛髪や爪を構成するタンパク質の一種で、18種類のアミノ酸から成り立ちます。毛髪内のケラチンが占める割合は80〜90%で、ケラチンが不足すると髪が細くなったりツヤが失われたりします。

薄毛対策のためのサプリメントを選ぶなら、ケラチンまたはケラチンの構成に必要なアミノ酸が含まれるものを選ぶのがおすすすめです。

薄毛対策に有用な成分

瓶に入ったサプリメント

以下の表は、薄毛対策のためにおすすめな成分とその役割をまとめたものです。

成分役割
亜鉛アミノ酸をケラチンに合成する
ケラチン加水分解物毛髪の成長をサポートする
グルタミン酸優れた吸湿作用で毛髪のうるおいを保護する
(体内では合成できない非必須アミノ酸の一種)
コラーゲンペプチド毛乳頭細胞の増殖を促す
L-リジンケラチンの生成を促す
(体内では合成できない必須アミノ酸の一種)
シスチンケラチンを構成する
ロイシンケラチンを構成する
ビタミン類頭皮環境を整え毛母細胞を活性させる
カプサイシン血行を促す
ノコギリヤシ*薄毛ホルモン(DHT)を抑制する

※ノコギリヤシは男性のみの有効性と安全性が証明されているもので、女性の使用は推奨できません。

これらは育毛系サプリメントに配合されることの多い成分です。

髪の成長に必要な栄養の補助や頭皮環境を整える効果が期待できるので、サプリメントはもちろん普段の食事でも積極的な摂取を心がけましょう

「サプリメントを飲めば髪が生える」は誤解

育毛系サプリメントの中には「飲むだけで髪が生える」といった広告を出している商品があります。

冒頭でもお伝えした通り、サプリメントを飲むだけで髪が生えたり毛量が増えることはないでしょう

サプリメントは栄養を補助するための「食品」であり、薄毛症状を改善する「医薬品」には該当しません。

誤認を招くような広告は景品表示法で固く禁じられています。育毛系サプリメントに限らずですが、最近は事実と異なる誇大広告を打ち出している商品が多く見られます

繰り返しになりますが、髪が生えるサプリメントはないでしょう。誤った情報に惑わされないよう、サプリメント購入時は十分にご注意ください。

薄毛対策でサプリメントを摂取する際の4つのポイント

スプーンに乗ったサプリ

薄毛対策のためにサプリメントを活用しようとする方は、次の4点を意識しましょう。

  1. 目安量を守る
  2. 白湯や水と一緒に飲む
  3. 習慣化する
  4. 他の薬との飲み合わせに注意する

ここからはそれぞれのポイントを詳しく解説していきます。

ポイント①目安量を守る

サプリメントを手にとている様子

サプリメントを飲む時は説明書の目安量を必ず守ってください。

目安量より多くサプリメントを飲んだからといって、薄毛対策としての効果が高まることはありません。

過去にはサプリメントの過剰摂取で健康被害を招いた事例も報告されているので、自己判断で量を増やすことのないようご注意ください。

※サプリメントによっては飲用の推奨タイミングがあるようです。別途ご確認ください

ポイント③白湯や水と一緒に飲む

ピッチャーとコップに入った水

サプリメントは白湯や常温のお水で飲むのが基本です。

なぜなら、飲料によってサプリメントの吸収を妨げる恐れがあるからです。たとえば、お茶やコーヒーに含まれるカテキンには鉄の吸収を阻害する作用があります。

牛乳に含まれるカルシウムやジュースに含まれる酸も、サプリメントの成分によっては相性がいいとはいえません。

期待されている効果が半減しないよう、サプリメントは白湯またはお水で飲みましょう。

ポイント④習慣化する

カレンダー

毛髪は長い年月をかけて長く太く成長するものであり、そのためには栄養摂取の積み重ねが必要です。

継続してはじめてその効果が期待できるので、できるだけ続けて飲み続けるよう習慣づけましょう。

ポイント⑤他の薬との飲み合わせに注意する

サプリメントを手に持っている様子

サプリメントの中には医薬品の効果を減弱させる成分を含むものがあります。

厚生労働省が報告している具体的な成分とその影響は以下の通りです。

成分相互作用による影響
ビタミンB6・抗てんかん薬の生物効力を低下させる
葉酸・抗腫瘍薬の排泄を遅延させる
ビタミンC・女性ホルモンの生物効力を60%程度上昇させる
・多量摂取でワルファリンの作用を減弱させる
ビタミンD・抗結核薬により活性型Dの血中濃度を低下させる
ミネラル・テトラサイクリン系抗菌剤、キノロン系
・ニューキノロン系抗菌剤により薬物の吸収を阻害する

これらの成分を摂取したからといって、必ずしもお薬に影響を与えるとは言い切れません。

常用薬・頻用薬のある方は、サプリメントを使用して問題ないかかかりつけ医に必ず確認をお願いします。

参考文献:厚生労働省:食物と薬の相互作用(サプリメント編)

サプリメントと薬の違いは?

サプリメントと薬には以下の違いがあります。

サプリメント
法律上の扱い食品医薬品
対象となる人基本的には誰が使用してもOK主に病気や怪我をしている人
管理・販売特別な許可は必要なし医師や薬剤師、登録販売者

サプリメントと薬には「食品」と「医薬品」という明確な違いがあります。

サプリメント=健康にいいものと理解する方は多いのですが、そもそもサプリメントに法律上の定義はありません。

サプリメントが健康状態を改善させるかどうかも、実のところ科学的根拠はまだまだ不十分です。

一方医薬品は病気の治療などのために活用されるものです。

医薬品として販売するには国の認可が必要であり、承認を受けるためには数年〜数十年かけて厳しい審査をクリアしなければなりません。

さらに、医薬品を入手するには医師や薬剤師、登録販売者の処方や指導が必要です。

人体の機能や構造に影響を与えるものであるため、購入できる場所も限定されています。

サプリメント以外で有効な薄毛対策3つ

薄毛対策はサプリメントの活用だけでは不十分なので、次の3つの方法を並行することをおすすめします。

  1. 規則正しい生活
  2. 適切なヘアケア
  3. 専門医に相談しクリニックでの診察

ここからはそれぞれの対策についてより詳しく解説していきます。

対策①規則正しい生活

椅子に座ってパソコンを見ている男性

育毛にいい頭皮環境を整えるには食事や睡眠、適度な運動など生活習慣の見直しが欠かせません。

というのも、毛髪は食事から摂取した栄養をもとに成長し、睡眠中に分泌されるホルモンが育毛をサポートするからです。

また適度な運動で血行が改善されれば、その分頭皮に栄養や酸素が届きやすくなります。

身体の内側から薄毛対策するという意味では、健康的かつ規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

対策②適切なヘアケア

セルフケアで薄毛対策をするならシャンプー選びにもこだわりましょう。

毎日使うシャンプーは、低刺激で洗い上がりの優しいものがおすすめです。市販のシャンプーは汚れはよく落ちますが、肌質によって皮脂を過剰に落としてしまう恐れがあります。

シャンプー選びの際は成分や効果効能をチェックし、洗浄力が強すぎないものを選んでください。

また、すぐできるヘアケアとして入浴中の頭皮マッサージも有効です。身体があたたまった状態で頭皮を刺激すると血行が促進され、育毛にいい頭皮環境が整います。

適切なヘアケアは抜け毛予防の効果が期待できるので、積極的なケアを継続しましょう。

対策③専門医に相談しクリニックでの診察

問診する医師

生活習慣の見直しやヘアケアで改善できない薄毛は、専門医に相談することをおすすめします。

薄毛治療はおもに内服薬と外用薬で進められます。3〜6ヶ月ほどで毛髪が変化することもあり、毛量を増やしたり発毛させることが期待できます

薄毛治療のお薬にはいくつか種類があり、症状に合わせて医師が処方します。患者さんが希望すれば、毛髪の成長因子を頭皮に直接注入する治療法や、自毛を薄毛部位に移植する植毛術という選択肢もあります。

どの治療を受けるかは患者さんご自身で決められますので、専門医と相談しながら無理なく続けられる方法を選んでください。

サプリメントでの薄毛対策にまつわるよくある質問

サプリメントと水

最後は薄毛とサプリメントについて多くいただくご質問にお答えしていきます。

Q.サプリメントに副作用はありますか?

副作用はないでしょうが、目安量を超えて飲んだ場合に以下の症状が認められることがあります。

  • 食欲不振
  • 下痢
  • 便秘
  • 胃の不快感

サプリメントは法律上「食品」に分類されるため、医薬品のように副次的な作用が認められることはないでしょう。

ただし、栄養の過剰摂取も望まない作用を生じさせる原因となりますので、目安量を上回っての使用はおやめください

とくに複数のサプリメントを使用していたり、常用薬がある方は、特定の成分を摂りすぎないよう注意が必要です。

Q.市販の安いサプリメントでも効果はありますか?

安い=効果がないとは一概には言えません。

サプリメントの価格は含まれる成分や容器、広告などによって大きく変わります。仮に同じ成分だとしても、有名人をイメージキャラクターに起用した商品はその分コストが高くなることがあるようです。

よって安いサプリメントは効果がない(=高値だから効き目がある)とは言えなそうです。

サプリメントを選ぶ時は、価格だけでなく成分とその含量も確認することをおすすめします。

Q.サプリメントで増毛を期待できますか?

期待できません。

サプリメントはあくまで「食品」なので、使用したからといって毛量が劇的に増えることは期待できないでしょう。

増毛や発毛を期待する方は、サプリメントではなく専門医に相談しAGA治療などを検討することをおすすめします。

Q.産後の抜け毛もサプリメントで対策できますか?

対策は可能ですが、使用前に医師への相談を推奨します。

産後の抜け毛(分娩後脱毛症)は、妊娠と出産によるホルモンバランスの変化で起こるものです。

症状はホルモンバランスの回復とともに落ち着くことから、一般的にはこれといった治療は行わないでしょう。

とはいえ、抜け毛が増えるのをただ黙って見ているのは不安なものです。育毛のために何かしたいと考えるなら、薄毛対策の一環としてサプリメントを活用するのも一つの方法です。

ただし、食事で十分な栄養を摂取できている方はサプリメントを使用すると栄養過多になる可能性があります。

またサプリメントの種類によって授乳中に適さない成分が含まれることがあるため、担当医に事前に確認することをおすすめします

まとめ

薄毛対策のためのサプリメントの使用には、毛髪の成長に必要な栄養を補助できるメリットがあるでしょう。

食事を抜いたり外食が多い方、また偏食な方は栄養バランスが偏りやすいです。栄養不足は薄毛の誘因となるため、サプリメントで不足を補う習慣をつけることをおすすめします。

ただし、サプリメントを飲んだからといって薄毛が劇的に改善されることはないでしょう。

サプリメントでの薄毛対策を一番に考えるのではなく、まずは規則正しい生活習慣と適切なヘアケアを心がけましょう

また持病がある方はお薬との相性もありますので、かかりつけ医に相談の上で適切な使用をお願いします。

都道府県別のおすすめクリニック一覧

北海道のおすすめクリニック

札幌のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック札幌院

Dクリニック札幌

宮城県のおすすめクリニック

仙台のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック仙台院

東京都のおすすめクリニック

錦糸町のおすすめクリニック

リバイブAGAクリニック

上野のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック上野院

新宿のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿西口院

Dクリニック新宿

AGAメディカルケアクリニック新宿院

新橋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新橋院

銀座総合美容クリニック

東京のおすすめクリニック

Dクリニック東京

池袋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック池袋院

渋谷のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック渋谷院

町田のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック町田院

秋葉原のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック秋葉原院

AGAヘアクリニック 秋葉原本院

神奈川県のおすすめクリニック

川崎のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック川崎院

横浜のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック横浜院

千葉県のおすすめクリニック

千葉のおすすめクリニック

ふくろうアイクリニック

柏のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック柏院

埼玉県のおすすめクリニック

大宮のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大宮院

AGAヘアクリニック 大宮院

愛知のおすすめクリニック

名古屋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック名古屋院

Dクリニック名古屋

石川県のおすすめクリニック

金沢のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック金沢院

静岡のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック静岡院

岡山県のおすすめクリニック

岡山のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック岡山院

広島県のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック広島院

京都府のおすすめクリニック

四条烏丸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック四条烏丸院

兵庫県のおすすめクリニック

神戸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック神戸三宮院

大阪府のおすすめクリニック

なんばのおすすめクリニック

イースト駅前クリニックなんば院

大阪のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大阪院

Dクリニック大阪メンズ

天王寺のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック天王寺院

福岡県のおすすめクリニック

博多のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック博多院

福岡のおすすめクリニック

Dクリニック福岡

オンライン診療のおすすめクリニック一覧

delling

delling

HAIRTECT(ヘアテクト)

HAIRTECT(ヘアテクト)

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック 大宮院

AGAヘアクリニック 秋葉原本院

ふくろうアイクリニック

ふくろうアイクリニック

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニック川崎院

イースト駅前クリニック大宮院

イースト駅前クリニック秋葉原院

イースト駅前クリニック柏院

イースト駅前クリニック町田院

イースト駅前クリニック横浜院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック博多院

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック広島院

イースト駅前クリニック大阪院

イースト駅前クリニック岡山院

イースト駅前クリニック神戸三宮院

イースト駅前クリニック札幌院

イースト駅前クリニック天王寺院

イースト駅前クリニックなんば院

イースト駅前クリニック四条烏丸院

イースト駅前クリニック金沢院

イースト駅前クリニック名古屋院

イースト駅前クリニック静岡院

イースト駅前クリニック新橋院

イースト駅前クリニック渋谷院

イースト駅前クリニック上野院

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック新宿西口院

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック仙台院

AGAメディカルケアクリニック

AGAメディカルケアクリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック新宿院

都道府県別
おすすめクリニックのご紹介
オンライン診療
おすすめクリニックのご紹介
コロナ抜け毛が
相談できるクリニックのご紹介
ブランド別
おすすめクリニックのご紹介

※おすすめクリニックはカッコイイ株式会社
PRにより掲載されています

毛髪ホルモン量測定キットを詳しくみる