AGAによる薄毛・抜け毛の原因とは?AGAが発症するメカニズムと対策・治療法について解説

AGAによる薄毛・抜け毛の原因とは?AGAが発症するメカニズムと対策・治療法について解説

「AGAの原因は何?」
「AGAが発症するメカニズムや治療法が知りたい」

AGA発症の原因の一つは、男性ホルモンの一種「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

DHTを生成する要素の一つである「5αリダクターゼ」の活性度は、遺伝によって引き継がれやすいため、AGAは遺伝する可能性があると考えられています。

この記事では、以下の内容について解説しています。

  • AGAの原因と発症のメカニズム
  • AGAの進行パターン
  • AGAの治療法と進行を抑える方法

薄毛・抜け毛が心配な方はぜひ参考にしてください。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

また、あすか製薬は5~10本の毛髪でAGAリスク及びDHT値を把握できる「毛髪ホルモン量測定キット」を提供しています。

自身のAGAリスク及びDHT値が気になる方や、将来的な抜け毛が心配な方はぜひ測定キットをお試しください。

※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上採取してください。

もっと見る

AGAとは?進行性の男性型脱毛症

AGAとは?進行性の男性型脱毛症

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症とも言います。

通常、薄毛は加齢に伴って進行していくものですが、AGAは年齢に関係なく成人男性なら誰でも発症する可能性があります。

さらにAGAは進行性の脱毛症のため、一度発症すると自然に治ることは期待できません。放置すれば徐々に薄毛が進行していくため、早期に専門医へ相談することをおすすめします。

薄毛が気になり出したら「まだ大丈夫」と放置するのではなく、早期に専門医へ相談してみましょう。

ここからは、AGA発症のメカニズムや原因について深掘りして解説していきます。

AGAを発症するメカニズム

AGAを発症するメカニズム

AGA発症のメカニズムは次の通りです。

  1. テストステロンと5αリダクターゼが結合する
  2. DHT(ジヒドロテストステロン)が発生する
  3. 男性ホルモンレセプターがDHTをキャッチする
  4. 脱毛因子「TGF-β」が増加する
  5. TGF-βが毛乳頭細胞に退行期のシグナルを出す

AGA発症のきっかけは、男性ホルモンの一種「テストステロン」と、「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の結合による、「DHT(ジヒドロテストステロン)」の発生です。

髪の毛にある毛乳頭細胞には、「男性ホルモンレセプター」と呼ばれる受容体が存在し、DHTは男性ホルモンレセプターに取り込まれます。

男性ホルモンレセプターにDHTが取り込まれると、脱毛因子「TGF-β」が発生し、髪の毛を成長期から退行期へと移行させます。

その結果、髪の毛のヘアサイクルが乱れて抜け毛が増加し、薄毛が進行するというのがAGAのメカニズムです。

AGAを発症する原因とは?2つの遺伝的要素

AGAを発症する原因とは?2つの遺伝的要素

AGAはさまざまな要因によって発症する脱毛症ですが、中でも遺伝的要素が強いと考えられています。

AGA発症の原因となる遺伝的要素には、以下の2つがあります。

  • 5αリダクターゼの活性度
  • 男性ホルモンレセプターの感受性

どちらか一方、または両方を遺伝的に引き継いでいる方は、AGAを発症させる可能性があります。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

①5αリダクターゼの活性度

5αリダクターゼの活性度

5αリダクターゼの活性度が高い方は、DHTを過剰に生成しやすい体質となります。

DHTはAGAを発症する要因の一つなので、AGAを発症しやすい体質ということです。

5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性遺伝なので、父親・母親のいずれかがその遺伝子を持っている場合、5αリダクターゼの活性度を引き継ぐ可能性が高くなります。

このことから、AGAは遺伝によって発症する可能性があるとされています。

②男性ホルモンレセプターの感受性

男性ホルモンレセプターの感受性

男性ホルモンレセプターの感受性は遺伝によって引き継がれやすいという特性があります。

感受性が高い方はDHTをキャッチして脱毛因子が増えやすいので、AGAを発症しやすいと考えられます。

また、男性ホルモンレセプターの感受性は隔世遺伝するとされています。隔世遺伝とは、祖父母以前の世代の遺伝子を世代を超えて引き継ぐことです。

つまり、両親が薄毛でなくても、先祖に薄毛だった人がいれば、その子孫となる方は男性ホルモンレセプターの感受性を引き継ぐ可能性があります。

特に男性ホルモンレセプターの感受性を持つ遺伝子は、母型の家系から遺伝すると考えられており、母型の家系に薄毛の人がいればその子孫はAGAになる傾向にあります。

AGA以外で薄毛・抜け毛の3つの原因

AGA以外で薄毛・抜け毛の3つの原因

抜け毛の原因はAGAだけではありません。AGA以外にも、以下のような原因から抜け毛が増える可能性があります。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 栄養不足・睡眠不足
  • ストレス

それぞれの詳細についてみていきましょう。

①ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れはヘアサイクルの乱れの原因につながります。

髪の毛は早期・後期成長期を経て退行期、休止期を経て脱毛します。

男性ホルモンによってこの周期が乱れると、髪の毛は後期成長期を迎えずに、すぐに退行期へ移行して抜けてしまうのです。

また、ホルモンバランスの乱れは、AGAの要因にもなると考えられています。

ホルモンバランスの乱れを防ぐためには、睡眠時間を確保して適度な運動をするなど、生活リズムを整えることが大切です。

②栄養不足・睡眠不足

栄養不足・睡眠不足

栄養不足や睡眠不足は髪の毛の成長を妨げると考えられています。

髪の毛を作るためには、タンパク質や亜鉛などの栄養素が欠かせません。必要な栄養素が損なわれれば、髪の毛の成長を妨げ抜けてしまいます。

ただし、髪の毛に必要な栄養素のみをたくさん摂取したからといって、髪の毛が生えたり太くなったりするわけではありません。栄養バランスの整った食事を摂ることが大切です。

また、睡眠不足も頭皮環境の悪化を招いて薄毛の原因となりえます。髪の毛は睡眠中に成長していると考えられているので、1日に最低でも6時間以上の睡眠をとるよう心がけましょう。

③ストレス

ストレス

長い時間強いストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れてホルモンバランスが乱れてしまいます。

男性の場合、自律神経の乱れによって皮脂の分泌量が増えてしまい、頭皮環境が悪くなることで抜け毛が増えることがあります。

さらに、ストレスは血管の収縮を招くと考えられおり、血液の流れが悪くなると頭皮や髪の毛に栄養が十分に行き届きません。

ストレスの要因は、仕事の人間関係といった社会的要因のほか、性格による心理的要因などさまざまです。

ストレスのない生活を送るのは困難なため、ストレスを発散させるよう習慣づけるようにしましょう。

AGAの9つの進行パターン

AGAの9つの進行パターン

Norwood O T. South Med J 1975; 68(11): 1359-1365より作図

AGAの進行パターンは、7つのレベルと2つの型の計9タイプに分類されます。

これは、アメリカのハミルトン医師とノーウッド医師がそれぞれ分類・改正したものです。

I型額の生え際が少し後退している状態。他人からは気づかれにくい
II型I型が進行している状態。前髪の生え際がM字のようになってくる
II Vertex型II型の状態に加えて、頭頂部もO型の薄毛が見られる状態
III型II型が進行して生え際のM字がさらに深くなっている状態。全体的に髪の毛のボリュームも少なくなる
III Vertex型III型の状態に加えて、頭頂部もO型の薄毛が見られる状態
Ⅳ型生え際が後退して頭頂部にO字型の薄毛ができる
V型Ⅳ型が進行して生え際が頭頂部のあたりまで後退している状態。O字型の薄毛も大きくなる
Ⅵ型生え際が後退して頭頂部の薄毛とつながった状態。側頭部と後頭部にのみ髪の毛がある
Ⅶ型Ⅵ型がさらに進行して側頭部の薄毛も進んでいる状態。後頭部の髪の毛も頭頂部に近い部分は薄い

このように、AGAは主に生え際と頭頂部の薄毛が進行する脱毛症です。

AGAの進行パターンから、現在どの程度AGAが進行していて、どういった治療が必要なのかを知ることができます。

AGAかも?「毛髪ホルモン量測定キット」でAGAリスクを把握

あすか製薬は5~10本の毛髪で、AGAリスク及びDHT値を把握できる「毛髪ホルモン量測定キット」を開発しました。
※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上採取してください。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

DHT量が多い方はAGAに発症するリスクがあると考えられています。毛髪ホルモン量測定キットは、毛髪内のDHT量を測ってAGAのリスクを把握できる検査キットです。

毛髪ホルモン量測定キットは5~10本の毛髪で検査できるので、自宅で気軽に検査を受けることが可能です。

髪の毛を送付後は約2〜3週間で、検査結果のレポートを指定のメールアドレスへ送付します。

また、検査結果レポートはAGAリスク及びDHT値だけでなく、医療機関の受診やセルフケアのソリューションもご提案しております。

ただし、毛髪ホルモン量測定キットはAGAかどうかを診断するものではありません。

自身の将来的なAGAリスクについて気になる方や、すでに抜け毛が気になっている方は、ぜひ一度「毛髪ホルモン量測定キット」をお試しください。

AGAの診断はクリニックの受診が必要

AGAの診断はクリニックの受診が必要

AGAかどうかを診断してもらうには、クリニックの受診が必要です。

専門のクリニックでは、問診や遺伝子検査または血液検査などを行って診断を行います。

あすか製薬が開発した「毛髪ホルモン量測定キット」は、あくまでもAGAリスクを把握できる検査キットで、AGAの「診断」は行えません。

「AGAかもしれないが病院にいくべきか迷っている」
「AGAの治療前後でDHT量に変化があるか確かめてみたい」

といった場合にご活用ください。

LINEでセルフチェック

AGAを発症したら終わり?早めの対策・治療が重要な理由

AGAを発症したら終わり?早めの対策・治療が重要な理由

AGAは進行性の脱毛症のため、「一度発症したら完治しないのでは?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

結論を言うと、AGA治療を正しく行うことで改善が期待できます。

さらに、症状の軽いうちから早期に治療を行うことで、回復までの時間も早くできる可能性があります。

毛根が死滅したあとに毛髪を再生させることは困難なので、AGAを放置して改善の見込みがなくなる前に早めに専門医に相談し、治療を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、AGAは進行性の脱毛症という特徴から、毛量が元に戻っても治療を中止すれば再び薄毛になる可能性があります。

自己判断で治療を中断するのではなく、専門の医師と相談した上で治療薬の種類や量を変更しましょう。

AGAの進行を抑える3つの方法

AGAの進行を抑える3つの方法

AGAの進行を抑えるためには、主に以下3つの方法があります。

  • 5αリダクターゼの活動を抑制する
  • 発毛因子を頭皮へ直接注入する
  • 頭皮の血行を促進する

ここからは、それぞれの詳細についてみていきましょう。

①5αリダクターゼの活動を抑制する

5αリダクターゼの活動を抑制する

5αリダクターゼは、テストステロンと結びついてDHTを生成します。

5αリダクターゼはAGA発症の要因の一つなので、5αリダクターゼのはたらきを抑制することでAGAの進行を防ぐことが期待できます

主にAGAの進行レベルが初期段階の方や、AGA予防を目的としている方に有効な方法です。

②発毛因子を頭皮へ直接注入する

発毛因子を頭皮へ直接注入する

発毛因子を頭皮へ直接注入することで、毛母細胞の活性化を促し、薄毛の進行を抑える方法です。

AGAによって乱れたヘアサイクルを正常に戻し、髪の毛が太くて強く成長しやすくなるでしょう。さらに、弱っている毛根の細胞を活性化させることができるため、発毛の効果も期待できます。

発毛因子の注入方法は、注射を用いて行うのが一般的です。ただしクリニックによっては、炭酸ガスやレーザー照射を行うなど注入方法はさまざまです。

③頭皮の血行を促進する

頭皮の血行を促進する

頭皮の血行を促進するのも、AGAの進行を抑える方法の一つです。

頭皮環境が悪ければ、AGAを含めて薄毛の原因になると考えられています。

たとえば、頭皮の血流が悪い状態だと、髪の毛に必要な栄養素が血液によって行き届きにくくなります。

頭皮マッサージは血行促進の効果が期待できるので、こまめに頭皮マッサージを行ったり、シャンプー時に頭皮を揉みほぐしたりしましょう。

AGAの治し方は?主な4つの治療法

AGAの治し方は?主な4つの治療法

AGAの治療法には、主に以下の4つがあります。

治療方法ガイドラインでの推奨度
内服薬抜け毛を抑える治療薬の服用行うよう強く勧める
外用薬発毛を促す治療薬の塗布行うよう強く勧める~勧める
注入薬髪の毛の成長を促す成分を頭皮に直接注入行わない方が良い
植毛自分の健康な髪の毛を採取して患部に移植行うよう勧める

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版|日本皮膚科学会

AGAの治療には、主に内服薬・外服薬を用いる治療を行います。

内服薬で薄毛の進行を予防し、外用薬で発毛を促します。

ただし、通販などから個人輸入で購入した治療薬は重篤な健康被害を引き起こすかもしれません。

副作用のリスクを抑えて治療を進めるためには、医師から処方をされた治療薬を、用法用量を守って使用することが重要です。

薄毛が気になる方やAGAが不安な方は、一度専門のクリニックを受診して相談してみるとよいでしょう。

AGAによる薄毛・抜け毛の進行を予防する2つの方法

AGAによる薄毛・抜け毛の進行を予防する2つの方法

AGAによる薄毛・抜け毛の進行を予防する為の方法は大きく次の2つです。

  • 生活習慣を見直す
  • ストレスを解消する

頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れは、AGAの発症につながると考えられています。

そのため、まだ薄毛が気にならない状態から、生活習慣を見直したりストレスを解消したりすることでAGAの予防が期待できます。

それぞれの詳細についてみていきましょう。

①生活習慣を見直す

生活習慣を見直す

睡眠不足や運動不足、偏った食事など生活習慣の乱れは血行不良の原因となります。

血行不良は頭皮や髪の毛に栄養が行き届きにくくなるため、頭皮環境の悪化につながります。

頭皮環境が悪化することによって、髪の毛の成長が妨げられてしまうため、AGA予防のためには規則正しい生活習慣を送ることが重要です。

1日最低6時間以上は睡眠をとり、適度な運動を行うなど生活習慣を見直しましょう。また、食事は1日3食バランスよく摂るのも頭皮環境の悪化を防ぐのに有効です。

②ストレスを解消する

ストレスを解消する

過度なストレスは、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れにつながります。

ストレスを解消するためには、自分に合ったストレス発散を習慣づけることが大切です。

たとえば、友達としゃべることでストレス発散できる人もいる一方、一人でいたいと考える人にとっては、人と会わずに一人で過ごすことがストレス発散につながります。

映画鑑賞や読書をしたり、軽い運動をしたりなど、自分が心地よいと思える過ごし方をしましょう。

ストレスが発散されることで、ホルモンバランスや自律神経が正常に戻り、頭皮環境の改善が期待できます。

まとめ:AGAの原因は男性ホルモンの一種「DHT」

AGAの原因は男性ホルモンの一種「DHT」

AGA発症の原因の一つとして、「DHT(ジヒドロテストステロン)」が関与していることをお伝えしました。

DHTはテストステロンと5αリダクターゼが結合することで、生成される男性ホルモンの一種です。

そのため、DHT量が多い方はAGAに発症するリスクがあると言えます。

あすか製薬は毛髪内のDHT量を測れる「毛髪ホルモン量測定キット」を開発しました。5~10本の毛髪で、自身のAGAリスク及びDHT値を知ることができます。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上採取してください。

将来的なAGAリスクが心配な方や、抜け毛や薄毛が気になっている方は、ぜひ一度「毛髪ホルモン量測定キット」をお試しください。

「毛髪ホルモン量測定キット」は、あくまでもAGAリスクを把握できる検査キットで、AGAの診断を行うものではありません。

都道府県別のおすすめクリニック一覧

北海道のおすすめクリニック

札幌のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック札幌院

Dクリニック札幌

宮城県のおすすめクリニック

仙台のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック仙台院

東京都のおすすめクリニック

錦糸町のおすすめクリニック

リバイブAGAクリニック

上野のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック上野院

新宿のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿西口院

Dクリニック新宿

AGAメディカルケアクリニック新宿院

新橋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新橋院

銀座総合美容クリニック

東京のおすすめクリニック

Dクリニック東京

池袋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック池袋院

渋谷のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック渋谷院

町田のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック町田院

秋葉原のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック秋葉原院

AGAヘアクリニック 秋葉原本院

神奈川県のおすすめクリニック

川崎のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック川崎院

横浜のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック横浜院

千葉県のおすすめクリニック

千葉のおすすめクリニック

ふくろうアイクリニック

柏のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック柏院

埼玉県のおすすめクリニック

大宮のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大宮院

AGAヘアクリニック 大宮院

愛知のおすすめクリニック

名古屋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック名古屋院

Dクリニック名古屋

石川県のおすすめクリニック

金沢のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック金沢院

静岡のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック静岡院

岡山県のおすすめクリニック

岡山のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック岡山院

広島県のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック広島院

京都府のおすすめクリニック

四条烏丸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック四条烏丸院

兵庫県のおすすめクリニック

神戸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック神戸三宮院

大阪府のおすすめクリニック

なんばのおすすめクリニック

イースト駅前クリニックなんば院

大阪のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大阪院

Dクリニック大阪メンズ

天王寺のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック天王寺院

福岡県のおすすめクリニック

博多のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック博多院

福岡のおすすめクリニック

Dクリニック福岡

オンライン診療のおすすめクリニック一覧

delling

delling

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック 大宮院

AGAヘアクリニック 秋葉原本院

ふくろうアイクリニック

ふくろうアイクリニック

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニック川崎院

イースト駅前クリニック大宮院

イースト駅前クリニック秋葉原院

イースト駅前クリニック柏院

イースト駅前クリニック町田院

イースト駅前クリニック横浜院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック新宿東口院

イースト駅前クリニック博多院

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック広島院

イースト駅前クリニック大阪院

イースト駅前クリニック岡山院

イースト駅前クリニック神戸三宮院

イースト駅前クリニック札幌院

イースト駅前クリニック天王寺院

イースト駅前クリニックなんば院

イースト駅前クリニック四条烏丸院

イースト駅前クリニック金沢院

イースト駅前クリニック名古屋院

イースト駅前クリニック静岡院

イースト駅前クリニック新橋院

イースト駅前クリニック渋谷院

イースト駅前クリニック上野院

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック新宿西口院

イースト駅前クリニック池袋院

イースト駅前クリニック仙台院

AGAメディカルケアクリニック

AGAメディカルケアクリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック新宿院

都道府県別
おすすめクリニックのご紹介
オンライン診療
おすすめクリニックのご紹介
コロナ抜け毛が
相談できるクリニックのご紹介
ブランド別
おすすめクリニックのご紹介

※おすすめクリニックはカッコイイ株式会社
PRにより掲載されています

毛髪ホルモン量測定キットを詳しくみる