頭皮の赤みは薄毛の前兆?湿疹・炎症など赤みの原因と改善方法を解説

頭皮の赤みは薄毛の前兆?
湿疹・炎症など赤みの原因と改善方法

※本ページはプロモーションが含まれております

#AGA #はげ #薄毛 #育毛

「頭皮に湿疹ができて赤みがある」
「掻きすぎて赤くかぶれている」
「アレルギーで皮膚炎が起きている」

といったお悩みを抱えていませんか?

頭皮の赤みは原因や症状によって改善方法が異なります。

湿疹によるかゆみは、市販薬で対処できることもあります。しかし赤くかぶれていたりアレルギーで皮膚炎が起きていたりする場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

あわせて、薄毛の症状が進行している場合は、専門のクリニックで原因を特定し、治療を受けることをおすすめします。

今回は、頭皮の赤みの原因や症状別の改善方法をくわしく解説します。

ご自身の症状と照らし合わせて、頭皮の赤みの改善にお役立てください。

なお、あすか製薬メディカルは5~10本※の髪の毛でAGAリスク及びDHT(AGAの原因の1つである男性ホルモン)値がわかる「毛髪ホルモン量測定キット」を提供しています。
※3cm以上の髪の毛を5本以上。長さが足りない場合は10本以上切ってください。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

将来的な薄毛が心配な方、最近抜け毛が増えてきたと感じる方は、測定キットの活用をおすすめします。

※本検査キットは医師の診断に代わるものではありませんので、AGAが疑われる場合には医療機関にご相談ください。


※ 本記事はあすか製薬グループの編集ポリシー及び運営体制による校閲テストをクリアして公開されています。

この記事を書いた人

みんなのホルモン研究所

編集部

みんなのホルモン研究所

編集部
AGAをはじめとした脱毛症について、専門家に実際に取材を重ね豊富な知識をもつ。
当メディアの運営ポリシーについて

もっと見る

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

※DMMオンラインクリニックはプラットフォーム事業者です。

頭皮が赤い…もしかしたら皮膚の病気かも

病院の医師

頭皮が赤くなっている場合、下記の病気が潜んでいる可能性があります。

  • 湿疹やかぶれなどの皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎
  • 抜け毛や薄毛の進行

症状によっては、すぐに専門医を受診した方が良いこともあります。

それぞれの原因と改善方法についてくわしく見ていきましょう。

頭皮の赤みの原因|ケース別に解説

頭皮の赤みの正体とは一体何なのか、ケース別に解説していきます。

次の3つのうちどのケースに当てはまっているか、赤みの原因を探る参考にしてみてください。

  1. 頭皮に湿疹が起きているケース
  2. 頭を掻いてかぶれてしまったケース
  3. アレルギーにより頭皮で皮膚炎が起こっているケース

頭皮に湿疹が起きているケース

湿疹とはかゆみを生じるブツブツとした赤みのことです。

頭皮に湿疹ができる原因として、

  • 脂漏性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎

などが考えられます。

脂漏性皮膚炎とは、髪の毛の生え際やまゆ毛、鼻の周辺など皮脂の分泌が多い部位に見られる湿疹です。

主に外部からの刺激やストレスにより起こるといわれています。

また、かゆみをともなう場合もあり、湿疹が酷くなるとかさぶたにもなりかねません。

一般的には、ひじやひざ、首などに湿疹ができやすい皮膚炎といわれています。

もちろん、頭皮に湿疹ができる場合もあるため、湿疹による赤みは脂漏性皮膚炎を疑いましょう。

頭を掻いてかぶれてしまったケース

頭を掻いて頭皮がかぶれる原因は、

  • ドライスキン(乾燥肌)
  • シャンプーなどの薬剤かぶれ

などが考えられます。

ドライスキン(乾燥肌)とは、肌の保湿不足により乾燥・かさつき・かゆみをともなう肌体質をいいます。

顔や頭皮の場合つっぱっている感覚があるため不快に感じ、肌を掻いて赤くかぶれてしまう人が多い症状です。

薬剤かぶれとは、シャンプーなどに含まれる成分によりかぶれてしまう肌体質の人に現れるアレルギー症状をいいます。

「シャンプーを変えたら頭皮がかゆくなった」といった場合に考えられます。

アレルギーにより頭皮で皮膚炎が起こっているケース

アレルギーにより頭皮で皮膚炎が起こる原因は、

  • 蕁麻疹
  • 接触皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎

などが考えられます。

蕁麻疹とは、身体の一部や全体に、赤みをもつ皮膚の盛り上がりが突然現れる皮膚の病気です。かゆみをともなうので、早めに対処すべきでしょう。

接触皮膚炎とは、肌に特定のもの(植物・メガネ・金属・医薬品など)が接触したときに、赤みのある湿疹などが生じる皮膚炎をいいます。

アトピー性皮膚炎とは、慢性的に湿疹を引き起こす皮膚の疾患です。

蕁麻疹や接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎が起きるのは、アレルギー物質が反応してしまう肌体質であることや外部からの刺激、精神的ストレスなどが原因であると考えられています。

頭皮に症状が現れることもあります。突然頭皮に赤みが生じたときはアレルギーによる皮膚炎の可能性を疑いましょう。

 

健康な頭皮ってどんな色?

 

頭皮の色は健康状態を簡単に知るための指標となるので、ぜひ参考にしてみてください。

頭皮の色 健康状態
青白い頭皮
黄色い頭皮 △(セルフケアを検討しましょう。)
赤い頭皮 ×(皮膚科の受診を検討しましょう。)

【青白い頭皮】

青白い頭皮は、血行がよく頭皮の水分が十分に保湿されている健康的な状態です。

頭皮の健康状態が良好だと、髪の毛に十分な栄養が巡り、発毛や毛髪の成長サイクルが正常に整います。

【黄色い頭皮】

黄色い頭皮は、頭皮の酸化が進んで黄色くくすみ、弾力を失って水分が十分に保てなくなっている状態と言えるでしょう

酸化ストレスの原因とされる「活性酸素」の過剰発生を防げる可能性のある対策として、抗酸化ケアを行いましょう。

【赤い頭皮】

赤い頭皮は、頭皮の血行不良や炎症が悪化している可能性のある危険な状態と言えるでしょう

生活習慣を見直す、皮膚科に相談にいくなどの対策を検討しましょう。

信号機と同様に「青は安心、黄色は注意、赤は危険」と覚えておくと分かりやすいと思います。

赤みが悪化した場合に発生しうる2つの症状

頭皮の赤みが悪化した場合、以下の2つの症状が発生する可能性があります。

  • 頭皮湿疹でかゆみが発生する
  • 抜け毛症状によって薄毛になる

2つの症状について詳しく解説していきます。

頭皮湿疹でかゆみが発生する

頭皮湿疹の種類には以下のものがあげられます。

  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏(しろう)性湿疹
  • 皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥性皮膚炎)
  • アトピー性皮膚炎
  • 膿痂疹(のうかしん)

頭皮湿疹は種類によって原因や治療法も変わります。疑わしいと思ったら専門医に診てもらいましょう。

抜け毛症状によって薄毛になる

頭皮の赤みが悪化して抜け毛の症状が発生し、薄毛になるケースについて解説します。

頭皮の赤みが悪化して抜け毛の症状が発生するのは、「血流の悪化」が大きな原因です。

髪の毛が健康に発毛するための栄養は、頭皮から行き渡ります。

一方、血流の悪化が見られる頭皮では、十分な栄養を髪の毛に届けられない状態と言えるでしょう。

そのためヘアサイクルが乱れて、髪の毛が太く成長し発毛する「成長期」が短くなり、抜け毛の症状から薄毛になる可能性があります。

抜け毛症状のある頭皮の赤みは、

  • 食生活などの生活習慣の見直し
  • 適度な運動
  • ストレスの解消

などで改善できる場合があります。

 

頭皮の赤みはシャンプーで解決できる?

 

頭皮の赤みは、正しいシャンプーを選ぶことで回避できる場合があります。

というのも、シャンプーが原因で「接触性皮膚炎」「アレルギー性皮膚炎」「皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥性皮膚炎)」「脂漏性湿疹」などの皮膚炎が起こり、頭皮が赤くなるケースがあるからです。

主な皮膚炎を改善できる可能性があるシャンプーを表にまとめました。

皮膚炎 おすすめのシャンプー
接触性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎 頭皮に低刺激な「無添加」や「ノンシリコン」シャンプー
皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥性皮膚炎) 皮脂を洗い流し過ぎない「アミノ酸系」の洗浄成分で保湿成分を多く含むシャンプー
脂漏性皮膚炎 皮脂を洗い流す強い洗浄力※の「高級アルコール」配合のシャンプー

※洗浄力の強いシャンプーを使うことで保湿に必要な皮脂も洗浄されて頭皮が乾燥し、過剰に皮脂が分泌されている場合もあるので注意が必要です。

頭皮の赤みの治し方|症状に合わせた4つのケア方法

頭皮ケアの必要な3つの状態を表にまとめました。

状態 疑われる症状 対策
かゆみ ・脂漏性湿疹
・皮脂欠乏性皮膚炎
(乾燥性皮膚炎)
・接触性皮膚炎
市販薬での頭皮ケア / 皮膚科での治療
・ステロイド剤の外用
・抗真菌薬の外用
・保湿剤の外用
痛み・炎症 ・膿痂疹
(のうかしん)
・毛包炎
(もうほうえん)
・アトピー性皮膚炎
・蕁麻疹
皮膚科での治療
・ステロイド外用
・ビタミン剤の内服
・抗真菌薬の内服
・外用・抗ヒスタミン剤の内服
薄毛 ・AGA
(男性型脱毛症)
・頭部白癬
(しらくも)
専門のクリニックに相談
(AGAクリニック・皮膚科)
・抗真菌薬の内服
・外用
・AGA治療薬の内服
・外用

頭にかゆみを感じる場合|市販薬で頭皮ケア

頭皮の赤みでかゆみを感じる場合、まずは市販薬での頭皮ケアを試してみるのもよいでしょう。

頭皮にかゆみを感じる場合に疑われる症状は以下のと言われています。

  • 脂漏性湿疹
  • 皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥性皮膚炎)
  • 接触性皮膚炎

頭皮に軽い炎症をともなうかゆみが生じているときには、弱めのステロイド外用薬を選択しましょう

皮膚に常在している菌(真菌)が原因でかゆみが生じているときには、抗真菌薬が効果的でしょう。

ご自身で市販薬を選ぶのは難しいと思うので、ドラッグストアや調剤薬局の薬剤師に相談することをおすすめします。

皮膚科などにかかるのもよいでしょう。

また頭皮環境を整えるために「生活習慣の見直し」と「適切な洗髪」と「保湿」を徹底しましょう。

痛み・炎症をともなう場合|皮膚科での治療

病院を受診する男性

頭皮の赤みで痛み・炎症をともなうときには、皮膚科への受診をおすすめします。

頭皮に痛み・炎症をともなう場合に疑われる症状は次の4つと言われています。

  • 膿痂疹(のうかしん)
  • 毛包炎(もうほうえん)
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹

頭皮に痛みや腫れ上がったような炎症が生じているときには、ステロイド外用剤を処方されることが多いようです。

真菌による痛みや炎症の可能性も考慮し、カビへの有効性が高い抗真菌外用剤もよく使用されます。

抗真菌外用剤はステロイド外用剤と比べて効果を実感するまで時間がかかることが多いようです。

そのため、ステロイド外用剤で痛みや炎症が落ち着いてきた時期に、再発予防の目的で項真菌外用剤が用いられます。

また、過剰な皮脂分泌が原因の場合、皮脂の減少効果が期待されているビタミン剤の併用をすすめられることもあります。

頭皮の赤みが悪化している場合、ご自身で市販薬を購入して対処するよりも皮膚科を受診し根本的な解決を目指す方が得策でしょう。

薄毛が進行している場合|AGAクリニックに相談

頭皮の赤みで薄毛が進行しているときには、AGAクリニックや皮膚科など、専門のクリニックに相談することをおすすめします。

頭皮の薄毛が進行している場合に疑われる症状は次の2つと言われています。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 頭部白癬(しらくも)

抜け毛が気になり出したら、症状や心当たりのある原因について調べましょう。

抜け毛が生じる原因は、加齢・生活習慣の乱れ・ストレスなどさまざまです。

症状がひどく薄毛が進行している場合は、AGA(男性型脱毛症)の可能性もあるので専門医に相談し診断と治療をおすすめします。

AGA(男性型脱毛症)は遺伝的な要因が大きく、医学的根拠に基づいた治療をしなければ改善しづらい疾患です。

抜け毛・薄毛が気になる人は、専門医に相談しましょう。

セルフケア

頭皮の赤み対策として、過剰な洗浄は避け、肌質に合ったヘアケア製品を使用しましょう。

ストレス軽減も重要で、良質な睡眠とバランスの取れた食事を心がけましょう。
また、紫外線のダメージから頭皮を守るために日焼け止めや帽子を活用し、適切なターンオーバーを促すために生活習慣を見直すことが大切です。

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

※DMMオンラインクリニックはプラットフォーム事業者です。

頭皮の赤みについてよくある質問

頭皮の赤みに関するよくある質問についてまとめます。

 

Q.頭皮の赤みはありますが痛みはありません。皮膚科に行くべきでしょうか?

頭皮の赤みはあるものの痛みがない場合、生活習慣の乱れやストレスが原因で症状が起きているかもしれません。

また、普段使用しているシャンプーや紫外線により頭皮が赤くなることもあります。

ご自身で原因について考えて、心当たりがなく、症状が不安な場合は皮膚科に相談してもよいかもしれません。

 

Q.頭皮にかさぶたがあります。自然に治りますか?

頭皮にできるかさぶたは、基本的に自然に治る症状が多いようです。

頭皮のかさぶたがひどい場合には、皮膚炎・脱毛症・薄毛などにつながることもあるので症状を注意深く観察しておく必要があるでしょう。

かさぶたが何度もくりかえしできる場合や、治りが悪いと感じるときは、皮膚科に相談しましょう。

 

Q.頭皮の赤みの他にできものがあるのは一体なんなのですか?

頭皮のブツブツは、さまざまな症状が考えられます。

  • シャンプーなどの薬剤が頭皮に触れることでブツブツが発生する「接触性皮膚炎」
  • 頭皮の乾燥によりブツブツができる「皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥性皮膚炎)」
  • 頭皮の皮脂が過剰に分泌されることでブツブツが発生する「脂漏性湿疹」
  • 成分でアレルギー反応を起こしてしまいブツブツができる「アレルギー性皮膚炎」

以上のような、さまざまな要因で頭皮にブツブツが発生する可能性があります。

適切な対策を行うためにも、まずは皮膚科に相談しましょう。

Qかゆみやふけが出る場合はどうしたら良いですか?

かゆみやフケが出る場合は、脂漏性湿疹の兆候かもしれません。
これを放置すると皮膚炎を引き起こし、髪の成長に悪影響を及ぼす恐れがあるため、医療機関で治療を受けましょう。

Q頭皮の赤みを放っておくとはげますか?

頭皮の赤みは、放置するとかゆみや抜け毛に繋がり、最終的にはげの原因にもなりえます。早めのケアが重要です。

まとめ

頭皮の赤みを鏡で確認している男性の画像

 

頭皮の赤みの多くには、頭皮に悪影響を及ぼしている原因が潜んでいます。

赤みやかゆみが軽度の場合は、市販薬を試すのも一つの手です。

しかし痛みや酷い炎症などの症状が見られるときは、すぐに皮膚科の受診をおすすめします

なかには、抜け毛や薄毛につながる症状もあります。そのようなときにはAGAクリニックや皮膚科へ足を運び、専門家からアドバイスをもらいましょう。

頭皮の色は、頭皮の状態を知るためのバロメーターになります。

「頭皮が赤い」と感じたら早めに専門医に相談して健康的な頭皮を取り戻しましょう。

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

※DMMオンラインクリニックはプラットフォーム事業者です。

キットとメディアに関する問い合わせ窓口

ホルモン量測定キット問い合わせ窓口

◆【一般の方】

◆【クリニック・企業様(導入検討など)】

メディア掲載に関するお問合せ窓口