薄毛の原因と対策・予防法まとめ

薄毛の原因と対策・予防法まとめ

※本ページはプロモーションが含まれております

日本では成人男性の3人に1人が薄毛で悩んでいると言われています。

参考:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

薄毛の原因は実にさまざまであり、予防のためには原因に合わせて正しく対処することが大切です。

「薄毛が悪化している気がする」
「育毛剤を使っているが一向に改善しない」

このような薄毛のお悩みをお持ちの方のため、この記事では薄毛の原因とすぐにできる対策をご紹介します。

なお、あすか製薬メディカルは5~10本※の髪の毛でAGAリスク及びDHT(AGAの原因の1つである男性ホルモン)値がわかる「毛髪ホルモン量測定キット」を提供しています。

※3cm以上の髪の毛を5本以上。長さが足りない場合は10本以上切ってください。

あなたのAGAリスクを髪の毛5〜10本で評価します!

将来的な薄毛が心配な方、最近抜け毛が増えてきたと感じる方は、測定キットの活用をおすすめします。

※本検査キットは医師の診断に代わるものではありませんので、AGAが疑われる場合には医療機関にご相談ください。

※ 本記事はあすか製薬グループの編集ポリシー及び運営体制による校閲テストをクリアして公開されています。

この記事を書いた人

みんなのホルモン研究所

編集部

みんなのホルモン研究所

編集部
AGAをはじめとした脱毛症について、専門家に実際に取材を重ね豊富な知識をもつ。
当メディアの運営ポリシーについて

もっと見る

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

薄毛と「ヘアサイクル」の関係

薄毛の原因を正しく理解し、適切に対処するには「ヘアサイクル(毛周期)」の仕組みを知っておく必要があります。

通常のヘアサイクル

 

髪の毛は長い年月をかけて、日々成長と脱毛を繰り返しています。

  期間 髪全体の割合
成長期(早期・中期・後期) 約2〜6年 約85〜90%
退行期 約2週間 約1%
休止期 約3ヶ月間 約9〜14%

ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期の3つに分けられ、数年間成長し続けると自然に抜け落ちます。

寿命を迎えて脱毛する休止期の髪は全体の9〜14%で、本数にすると一日あたり50〜100本程度です。

ブラッシングなど軽い力で抜け落ちる毛は休止期の最中にあるため、正常な範囲を超えなければあまり気にする必要はありません

しかし、毎日大量に髪が抜ける場合は、なんらかの理由でヘアサイクルに乱れが生じている可能性があります。

薄毛を予防するには、髪の成長期と退行期のバランスが取れなくなっている原因を突き止め、原因に合った対策を講じることが大切です。

薄毛の主な原因

抜け毛が増えたり薄毛が悪化する主な原因は次の6つです。

  1. 男性ホルモン
  2. 遺伝
  3. 頭皮の血行不良
  4. 生活習慣の乱れ
  5. ストレス
  6. 外的要因

ここからはそれぞれの原因をより詳しく見ていきましょう。

1.男性ホルモン

頭皮を気にするスーツ姿の男性

薄毛と深く関係する男性ホルモンは主に2つあります。

テストステロンは筋肉や骨格など、男性らしい身体づくりに欠かせないホルモンです。記憶力やモチベーションアップなど精神面にもいいメリットをもたらすことから、「モテホルモン」と表現されることもあります。

テストステロン自体は男性の健康維持にプラスの影響を与えますが、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結合すると、薄毛と深い結びつきのあるジヒドロテストロン(DHT)に変換されます

AGAのメカニズム

成人男性の身体において、DHTはネガティブに作用するホルモンです。具体的にはAGA(男性型脱毛症)や前立腺肥大症、前立腺がんの発症にはDHTが関与します

薄毛が進行するのは、DHTを生成しやすい(=5αリダクターゼを活性しやすい)体質であるためです。また男性ホルモン受容体の感度が高い方も、薄毛リスクが高い傾向にあります。

2.遺伝

親が薄毛の場合、子や孫にも高い確率で遺伝することがわかっています。

中でも母方の祖父や曽祖父に薄毛の方がいると、薄毛が高率で遺伝すると言われています。

AGAと遺伝の関係

男性の性染色体はXY、女性の性染色体はXXであり、薄毛の遺伝子情報が存在するのは女性が持つX染色体です。

薄毛になりやすい体質かどうかは、母方の遺伝子による影響が大きいです。具体的な確率は母方の祖父が薄毛の場合で75%、母方の祖父と曽祖父がともに薄毛の場合で90%以上とも言われています。

薄毛と遺伝には深い結びつきがあることから、薄毛治療を行うクリニックでは家族歴を確認するのが一般的です。

参考文献:Hillmer AM Am J Hum Genet. 2005 Jul;77(1):140-8. Epub 2005 May 18.

3.頭皮の血行不良

薄毛が進行する原因の一つに、頭皮の血行不良があげられます。

毛髪は血液が運搬する栄養をもとに成長しますが、血行不良になると栄養や酸素が頭皮に届きにくくなります。

血の巡りが悪くなる主な原因は次の通りです。

  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 冷え
  • ストレス
  • 喫煙など

血行不良の主な原因は運動不足で、身体を動かす習慣のない方は血の巡りが滞りやすい傾向にあります。

また長時間同じ姿勢でいることも血液循環の不良につながるため、デスクワークやPC・スマホ操作も注意すべきです。

4.生活習慣の乱れ

 

栄養バランスの悪い食事や不規則な生活は、薄毛を招く大きな原因の一つです。

高脂質・高カロリーな食事は頭皮の皮脂分泌を過剰にし、頭皮の皮脂バランスを悪化させます。皮脂量が増えすぎるとベタつきや毛穴のつまりを引き起こし、抜け毛をはじめとする頭皮トラブルにつながります。

かといって、食事量を極端に減らしては髪の成長に必要な栄養を十分に摂取できません。
また睡眠不足は毛髪の成長に必要なホルモンの分泌を妨げるため、夜更かしや細切れ睡眠も育毛に悪影響を与えます

5.ストレス

「ストレスで薄毛になる」とはよく言いますが、ストレスが薄毛を誘因するというのは事実です。

私たちヒトの身体は強いストレスを受けると自律神経が乱れ、副交感神経が優位になります。副交感神経がはたらくと血管収縮が起こり、先述のとおり血行不良が生じます。

これにより毛髪が十分に成長できず、抜け毛が増えたり薄毛が進行してしまうのです。

またストレスによって皮脂分泌が過剰になると、毛穴のつまりや炎症など抜けを引き起こす原因になることもあります。

6.外的要因

 

紫外線や肌に合わないシャンプーなどの外的要因が薄毛のきっかけとなることもあります。

紫外線を長時間浴びることは、頭皮が火傷を負うのと同じ状態です。乾燥は頭皮環境を悪化させる大きな要因であるため、抜け毛やフケ、かゆみなどさまざまなトラブルを引き起こします。

紫外線以外では高頻度なパーマやカラー、洗浄力の高いシャンプーも頭皮環境を悪化させる原因の一つです。

外的要因は予防できるものが多いため、頭皮に負担がかからないよう日頃からセルフケアを徹底することが大切です。

薄毛の種類

ひと口に薄毛といっても、その症状は実にさまざまです。

以下はよくある薄毛の種類をまとめたものです。

  1. 壮年性脱毛症
  2. 円形脱毛症
  3. 脂漏性皮膚炎
  4. びまん性脱毛症
  5. 抜毛症

薄毛を予防するにはまず、自分の症状がどの種類に当てはまるかを把握する必要があります。ここからはそれぞれの症状の特徴を詳しく見ていきましょう。

1.壮年性脱毛症

壮年性脱毛症は、30〜40代の壮年期に見られる脱毛症のことです。

AGA(男性型脱毛症)とも呼ばれ、主に生え際と頭頂部の薄毛が進行するのが特徴です。男性ホルモンや遺伝の影響を強く受ける脱毛症であることから、自力で治すのは難しいと言われています

壮年性脱毛を改善するには医療機関での治療が有効です。内服薬や外用薬を用いて抜け毛を予防したり、毛量が減ってしまった部位を発毛させることも可能です。

2.円形脱毛症

抜け毛が増え、頭部に円形または楕円形の脱毛が見られる時に疑われるのが円形脱毛症です。

円形脱毛症は硬貨大の脱毛斑が頭部にできるのが特徴です。中にはまつ毛や眉毛、体毛が脱毛するケースもありますが、脱毛が広範囲に及ぶものも円形脱毛症として診断されます。

円形脱毛症の原因で、近年もっとも有力視されているのが自己免疫疾患です。自己免疫疾患とは、なんらかの異常によって健康な組織や細胞を攻撃してしまう病気のことです。

円形脱毛症は毛を作る毛包をリンパ球が攻撃し、破壊しようとすることで脱毛が生じるものと考えられています。

参考:MSDマニュアル プロフェッショナル版「円形脱毛症」
日本皮膚科学会「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2017年版」

3.脂漏性皮膚炎

頭部や生え際、顔、耳の裏など皮脂分泌が盛んな部位に湿疹ができる皮膚疾患を脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と言います。

患部が赤くなり、脂っぽく黄色いフケが出るのが特徴で、痛みやかゆみはほとんどありません。皮脂量の増加によって頭皮環境が悪化すると脱毛が生じることがあります。

発症にはマラセチア菌と呼ばれるカビの一種が関与すると言われていますが、皮脂分泌が湿疹や脱毛を引き起こす原因ははっきりとわかっていません

脂漏性皮膚炎は乳児、または30代以上の成人男性に多く見られます。

参考:MSDマニュアル プロフェッショナル版「脂漏性皮膚炎」

4.びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は髪全体のボリュームが失われていく脱毛症です。

ホルモンバランスや自律神経の乱れ、栄養不足など原因はさまざまで、女性に多い傾向にあります。

40代以降の方が発症しやすいと言われていますが、不規則な生活が続けば20代でも薄毛が深刻化する可能性があります。

5.抜毛症

抜毛症は緊張や不安、ストレスが原因で自ら髪を引き抜いてしまう強迫症の一種です。

毛量が少なくなるほど髪を引き抜きたくなることがほとんどで、無意識に抜毛してしまう方もいます。抜毛によって不安な感情は和らぎますが、日常生活に支障が出やすいことから根本的な治療が推奨されます

抜毛症の治療には抗ヒスタミン薬やステロイド剤、抗うつ剤などを用いるのが一般的です。患者は学童期の子供や思春期の女性が大半であるため、周囲のケアが求められます。

参考:MSDマニュアル プロフェッショナル版「抜毛症(トリコチロマニア)」

男性の薄毛でまず疑うのは「AGA」

成人男性の場合、抜け毛が増えたり薄毛が進行したりするとAGAが疑われます。

AGAは男性ホルモンや遺伝が関係する男性特有の脱毛症です。成人以降であれば年齢を問わず発症し、早い方では20代前半から薄毛が進行します

以下に当てはまるものが多い場合、AGAリスクが高い、またはすでにAGAを発症している可能性があります。

  • 生え際が後退している
  • 前髪が薄くなった
  • 頭頂部が透けて見える
  • 家族に薄毛の人がいる
  • 同世代より髪が薄い
  • 以前と比べて抜け毛が増えた

上記チェックリストで気になる項目があった方には、薄毛リスクをチェックできる「毛髪ホルモン量測定キット」の使用がおすすめです。このキットはAGAリスクを4段階で評価するもので、髪の毛を5〜10本採取するだけでご自宅にいながら簡単に検査できます

毛髪ホルモン量測定キット

薄毛リスクがわかれば実際の薄毛治療にも役立つので、お悩みの方はぜひご活用ください。

薄毛の対策方法

薄毛の対策方法

薄毛を予防・改善するには、原因を正しく把握した上で適切に対処することが大切です。

セルフケアは抜け毛が気になりはじめたタイミングで推奨される対策です。すでに薄毛が進行している、または毛量を増やしたい時にはセルフケアと合わせて薄毛治療をおすすめします

1.薄毛治療

薄毛にはさまざまな種類があり、症状によって有効な治療は異なります。

薄毛の種類 対処法
壮年性脱毛症 ・内服療法
・外用療法
・注入治療
・植毛など
円形脱毛症 ・ステロイド療法(外用・局所注射・内服)
・局所免疫療法
・冷却療法
・紫外線療法
・かつらなど
脂漏性皮膚炎 ・外用療法など
びまん性脱毛症 ・内服療法
・外用療法
・注入治療など
抜毛症 ・外用療法
・内服療法(抗うつ剤など)
・行動療法
・精神療法など

成人男性に多いAGAは内服薬や外用薬で改善する場合が多く、治療を継続している間は効果が持続します

AGAを自分で治すのは難しいと言われていますが、適切な治療を受ければ減ってしまった毛量を回復させることも可能です。

「本当に治るのか?」「効果が出るか不安」といった疑問や不安もあるかと思いますが、標準的な治療法とその効果をまとめたガイドラインも作成されています。

薄毛の種類や体質によっては脱毛が広範囲に及ぶこともあるため、気になる症状がある方は早めに医療機関を受診しましょう。

参考:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

2.セルフケアでの対策

より効果的な薄毛対策をするには、治療と合わせてセルフケアを行うことが推奨されます。

すぐにできる方法としておすすめなのが頭皮マッサージです。指で頭皮をもみほぐすと血流が促され、育毛効果が高まります。

頭皮マッサージ以外では育毛シャンプーや育毛剤なども有効です。普段使っているヘアケアアイテムを変えるだけで、頭皮環境を健やかに保つことができます。

薄毛の予防方法

薄毛の予防方法

治療以外で薄毛対策をする場合、推奨される方法には次のものがあります。

  1. 生活習慣の改善
  2. ストレスの軽減
  3. ヘアケアの見直し

薄毛にはさまざまな種類があり、症状次第ではヘアケアでの改善が難しい場合があります。

たとえば、円形脱毛症を育毛剤で治すことはできませんが、生活習慣の見直しが改善への近道となることがあります。
セルフケアはあくまで「予防策」です。上記を踏まえた上で、それぞれの方法を試してみてください。

1.生活習慣の改善

薄毛対策としてまず見直すべきは、食事や睡眠などの生活習慣です。

食事面で心がけたいのが良質なタンパク質を意識したメニューです。毛髪の主成分はケラチンで、ケラチンの80〜90%がタンパク質で構成されています。

つまり、タンパク質を中心とした食事を続けられれば健やかな毛髪の成長につながると言い換えられます。

育毛にはビタミン類や亜鉛も効果的なので、これらの栄養素をバランスよく取り入れましょう。外食が多い方はサプリメントの活用もおすすめです。

睡眠については、毎日同じ時間に入眠したりまとまった睡眠時間を確保することが大切です。朝すっきりと目覚められることを目標とし、就寝前の入浴やストレッチを取り入れることをおすすめします。

お酒を楽しむ方は適量を守り、週1回以上の休肝日を設けましょう。喫煙習慣のある方は減煙からスタートし、最終的に断煙を目指していきたいところです。

2.ストレスの軽減

ストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れ、血行不良など薄毛の原因を引き起こします

イライラや不安を感じやすい方は、薄毛対策の一環としてストレスを適度に解消していく必要があります

休暇を取得するのもいいですし、家族や友人とゆっくり食事するのもいいでしょう。運動で汗を流したり、自然の多い場所に行くことで気分転換できる場合もあります。

ストレスをゼロにするのは難しいかも知れませんが、少しでも心が楽になるよう自分なりの発散法を見つけてみてください。

3.ヘアケアの見直し

薄毛が気になる方は、いま一度ご自身のヘアケアが適切かどうかを見直してみましょう。

誤ったヘアケアで多いのが、頭皮を清潔にしようと1日に何度もシャンプーすることです。過剰な洗髪は必要な皮脂まで落としてしまうので、シャンプーは1日1回までとしてください。

育毛効果を高めるヘアケアとしては、指の腹で頭部を刺激する頭皮マッサージもおすすめです。入浴中など身体があたたまった状態でマッサージし、血の巡りを改善させましょう。

薄毛にまつわる疑問

ここからは薄毛の原因や予防、治療法について多く寄せられるご質問にお答えしていきます。

 

Q. 薄毛によい食べ物はありますか?

食事面で薄毛を予防するにはタンパク質を中心としたメニューがおすすめです。

タンパク質を多く含む食べ物には肉類・魚介類・卵類・大豆製品・乳製品などがあります。

また髪の主成分であるケラチンの生成に関わる亜鉛も積極的に取り入れましょう。亜鉛を多く含む食品には牡蠣やレバー、うなぎなどがあります。

 

Q. 薄毛隠しのスプレーは頭皮によくないのでしょうか?

長期間の使用はあまりおすすめできません。

薄毛隠しのスプレーは、粒子が毛穴を塞いでしまうので頭皮に負担がかかります。きちんと洗髪しなければ成分が地肌に残り、かゆみや炎症の原因となる可能性もあるでしょう。

あくまで薄毛隠しのためのアイテムなので、根本的な解決にはならない点も留意すべきです。

 

Q. 薄毛対策に漢方がよいと聞きましたが本当ですか?

体質や症状に合った漢方であれば薄毛の予防効果が期待できます

東洋医学では髪=血の余りととらえ、血行不良や栄養不足が薄毛を引き起こすと考えます。よって薄毛予防には血液を作る漢方薬を用いることが多いようです。

 

Q. 高校生の薄毛の原因はなんですか?

高校生で薄毛になる原因として考えられるものは次の通りです。

  • 皮脂の過剰分泌
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 誤ったヘアケア
  • ストレスなど

皮脂分泌が盛んな10代は、頭皮のベタつきや毛穴のつまりが薄毛の原因となることがあります。

脂っぽい食べ物や睡眠不足は皮脂の過剰分泌につながるため、栄養バランスのいい食事と規則正しい生活を心がけましょう。

 

Q. 薄毛の相談は皮膚科とAGAクリニックどちらにいけばいいのでしょうか?

症状によります。

生え際や頭頂部の薄毛でAGAとわかる症状が認められる場合、AGA治療のクリニックを受診するのがいいでしょう。

原因がわからない、あるいは円形脱毛症の場合は皮膚科にかかることをおすすめします。

 

Q. 薄毛治療は保険適用になるのでしょうか?

症状によります。

円形脱毛症は保険診療の対象ですが、AGA治療は自由診療に該当するため保険は適用されません。

 

Q. 抜け毛と季節は関係がありますか?

春と秋は抜け毛が増えやすいと言われています

春は生活環境の変化からくるストレス、秋は夏の紫外線ダメージが抜け毛となって現れる時期だからです。

一日あたりの抜け毛の本数は50〜100本程度ですが、抜け毛が増えやすい季節は一日200本近く抜けることもあります。

まとめ

薄毛の原因にはいくつか種類があり、その内容や症状によって対処法も異なります。

薄毛予防のためには、まず薄毛の原因を特定すること。その上で適切な対策を講じることが大切です。

クリニックでの治療に抵抗がある方は、生活習慣やヘアケアの見直しなどできるものからはじめてみてはいかがでしょうか。

[PR]
クリニック名

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

AGAヘアクリニック

銀座総合美容 クリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキン クリニック

Dクリニック
特徴 初診からオンラインで受診可能 最短当日で薬が到着 手厚いアフターフォロー! 治療薬を特別価格で提供! 徹底的な経過観察 完全個室 ・完全予約制でプライバシーを徹底 大学病院と連携開発した 完全オリジナル治療薬
予防プラン 4,015円〜/月 1,000円/月 1,800〜8,000円/月 2,000〜7,150円/月 5200円〜/月 12,100~15,950円/月
発毛プラン 10,780〜27,280円/月 1,861円/月 初月0円
以降12,600円〜18,000円/月
9,700〜19,250円/月 15,400〜48,400円/月 16,500〜35,200円/月
診察料 0円 0円 0円 1,000円 0円 5,500円
診療時間 9:00〜21:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって
異なる場合がございます
24時間 10:00〜20:00 11:00~20:00 10:00~22:00 9:30~19:00
詳細

キットとメディアに関する問い合わせ窓口

ホルモン量測定キット問い合わせ窓口

◆【一般の方】

◆【クリニック・企業様(導入検討など)】

メディア掲載に関するお問合せ窓口