子宮筋腫しきゅうきんしゅについて

どんな病気?

子宮の壁(筋層)の中に発生する良性の腫瘍です。⼥性ホルモンの作用により大きくなりますが、悪性のものではありません。

発⽣する場所により種類が分けられており、それぞれ症状のあらわれ方などに特徴があります。
また、筋腫は1つだけではなく複数できることもあります。

女性の2~4割にみられるとされており、30~40代に発症することが多い病気です。女性ホルモンの分泌が減少する閉経後には筋腫は⼩さくなります。

子宮筋腫の発生場所と種類

子宮筋腫の発生場所と種類貧血の症状

主な症状は?

「粘膜下筋腫」や「筋層内筋腫」などがあると、子宮の内腔が変形して子宮内膜の表⾯積が増えるため、月経量が多くなったり、レバーのような血の塊が多く出るといった過多月経の症状があらわれます。また、過多月経にともない、動悸、息切れ、めまいなど貧血の症状がみられる場合もあります。

その他にも⽉経痛や、まわりの臓器を⼦宮筋腫が圧迫することによる頻尿・便秘・腰痛などがあらわれます。また、⼦宮筋腫によって⼦宮の内腔がでこぼこになると、不妊・流産の原因となる場合があります。

治療法は?

筋腫が小さく無症状の場合は、経過観察します。
治療を必要とする場合は、年齢、症状、妊娠・出産を希望するかどうかなどを考慮して、お薬による治療や手術などが検討されます。

子宮筋腫の主な治療方法

薬物療法 GnRHアゴニスト
GnRHアンタゴニスト
女性ホルモン(エストロゲン)を低下させ、月経を止めることで子宮筋腫にともなう症状を軽減します。
その他 症状にあわせて、鎮痛剤、漢方薬、鉄剤、止⾎剤、
ホルモン剤などが処⽅されます。
手術療法 筋腫のみを摘出する保存療法と、子宮を摘出する方法があります。

産婦人科ではどのような検査をするの?

  • 問診…………
    いつ、どのような症状があらわれるか医師が尋ねます。

    参考:受診前にまとめておくと便利!

  • 超音波検査…………
    腹部に超音波を当て、子宮や卵巣の状態を画像で確認します。
  • 内診…………
    触診により、直接子宮や卵巣の状態を調べます。
  • その他………
    子宮筋腫の位置や大きさなどを詳しく⾒たり、
    他の病気と⾒分けるためにMRI検査を⾏うこともあります。
知っておきたい
女性のカラダと健康のこと トップへ
女性のための健康ラボMint+
LINE公式アカウント
PAGE TOP