高校生でも薄毛に悩んでいる|10〜20代の薄毛の原因と対策を解説

10〜20代で薄毛にお悩みの方へ

近年、10〜20代の若い方でも抜け毛や薄毛に悩んでいる男性が増えているようです。

「なぜ自分だけ…」「薄毛のせいで自分に自信が持てない」など、人知れず薄毛に悩む若者は多いようです。早い方だと高校生のうちから悩んでいる方も。

遺伝と知ってどうしようもない気持ちに苛まれている方や、誰にも相談できずつらい思いを抱えている方もいるでしょう。

薄毛でお悩みの若い世代の方が少しでも不安を解消できるよう、この記事では「若年層の薄毛」の原因と未成年でもできる薄毛対策について解説します。

20歳からのAGA治療についても触れているので、今後の薄毛対策にお役立てください。

もっと見る

若年層の薄毛(10〜20代の薄毛)で考えられる4つの原因

若くして抜け毛が増えたり髪全体のボリュームが減る原因は次の4つです。

  1. AGA(男性型脱毛症)
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 誤ったヘアケア

ここからはそれぞれの原因をより詳しく見ていきましょう。

原因①AGA(男性型脱毛症)

若年層の薄毛で考えられるもっとも大きな原因がAGAです。

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、思春期以降の男性に見られる薄毛症状のことをいいます。生え際や頭頂部(つむじ)周辺の薄毛が顕著であり、一度発症すると薄毛が進行し続けるのがAGAの特徴です。

AGAの発症に年齢はあまり関係ありません。早い方だと20代前半に前兆が認められるので、若年層の薄毛の原因がAGAだったという例も多いです。

日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では、日本人男性がAGAを発症する頻度は約30%と発表しています。

AGAは高い確率で遺伝することがわかっているので、家族に薄毛の方がいれば薄毛になる可能性は十分にあると言えるでしょう。

LINEでセルフチェック

原因②生活習慣の乱れ

睡眠の質の低下や偏食、運動不足といった生活習慣が若年層の薄毛の原因となる場合は多いです。

ヒトの毛髪は日々の食事から摂取した栄養や、睡眠中に分泌されるホルモンのはたらきによって成長するからです。

高カロリー・高脂質な食事は皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化を招きますし、睡眠不足が続くと抜け毛や細毛が増えやすくなります。

また、運動量が少ない方は血行不良や新陳代謝が低下しやすい傾向にあります。その結果頭皮に十分な栄養が行き渡らず、毛髪は十分に成長しきれないまま抜け落ちてしまいます。

さらに、20代は喫煙や過度な飲酒にも注意しなければいけません。社会人になると外食やお酒のお付き合いが増えますが、不規則な生活が薄毛の原因となることは肝に銘じていただきたいです。

原因③ストレス

「ストレスで薄毛になる」とはよく言いますが、ストレスによる薄毛は若い世代にも当てはまります。

ストレスで抜け毛が増えるのは自律神経の乱れによる血行不良が原因です。私たちヒトの身体は、強いストレスを受けると交感神経が強くはたらきます。

平常時は交感神経と副交感神経のバランスが保たれていますが、交感神経が優位になると血管収縮が起こり血流が悪化。これにより頭皮に栄養が届きにくくなり、健康な毛髪が育たなくなるというわけです。

原因④誤ったヘアケア

過度なヘアケアもまた若年層の薄毛の引き金となることがあります。

頭皮を清潔にしようと1日に何度もシャンプーするのは、実はよくある悪い例の一つです。力を入れてゴシゴシこすったり、熱めのお湯ですすいだりするのも頭皮に負担がかかるため適切なヘアケアとは言えません。

薄毛を改善しようとするあまり過剰なお手入れをしている方は多いので、自己流のヘアケアはこの機会に見直しをした方がいいかもしれません。

薄毛のセルフチェック|若年層の薄毛に見られる4つの特徴

鉛筆からチェックしている男性

次の項目に当てはまるものがある方は、ほおっておくとますます薄毛が進行する可能性があります。

  1. 細くて短い抜け毛が多い
  2. 生え際が後退している
  3. つむじ周辺の頭皮が透けて見える
  4. 髪にハリやコシがない

※セルフチェックの結果により、必ずしも薄毛が悪化するわけではありません。詳細については医師への相談をおすすめします

当てはまる項目がないか、1つずつセルフチェックしてみましょう。

特徴①細くて短い抜け毛が多い

若くして薄毛が進行すると、毛髪が十分に成長できないうちに脱毛するため細くて短い抜け毛が増えます。

毛髪は本来3〜5年(女性は4〜6年)かけて成長するものですが、なんらかの理由でヘアサイクルが乱れると髪の成長期は大幅に短縮されます。

重症化した方では半年〜1年ほどで抜け落ちてしまうため、細くて短い抜け毛が増加するというわけです。

まず枕に付着した抜け毛の状態を確認してみましょう。

特徴②生え際が後退している

生え際の位置が年々後退している場合、今後も若年層の薄毛が進行する可能性があります。

若年層の薄毛において多くの原因を占めるAGAは前頭部や頭頂部の薄毛が顕著で、進行パターンも非常に特徴的です。実際にクリニックの診察でも、AGAが疑われる場合には生え際の状態を確認します。

「生え際がM字型に後退した」あるいは「前髪のボリュームが減った」と感じる方はAGAの可能性が考えられます。

特徴③つむじ周辺の頭皮が透けて見える

つむじ周辺が薄くなり地肌が透けている状態もまた、AGA特有の薄毛症状です。

ヘアセットがしにくくなったことをきっかけに、頭頂部の薄毛に気づく方は多いです。つむじが大きくなった、頭皮が赤っぽく見えるといった症状も注意深く観察した方がいいでしょう。

特徴④髪にハリやコシがない

若年層の薄毛でヘアサイクルに乱れが生じると、今ある毛髪にもハリやコシ不足といった変化が見られます。

以前と比べスタイリングが長持ちしない、あるいは髪質がやわらかくなったと感じる時は注意が必要です。

『毛髪ホルモン量測定キット』を使えばAGAの原因となる「DHT」の数値がわかる

若い方の薄毛はAGAの可能性が高いとお伝えしましたが、AGAかどうかを診断するには医師が問診・触診を行うのが基本です。

また、AGAを定量的に検査するためにはホルモン値の計測が必要で、医師等による採血によって行われます。

AGAの方は男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度で検出されます。

そこで私たちは、毛髪内のホルモン値を測定しAGAリスクを段階的に評価する「毛髪ホルモン量測定キット」を開発しました。

個人で髪の毛を採取の上、検査機関へ郵送することで、誰にも知られずAGAリスクを把握することができますし、クリニック受診前にAGAリスクを把握するための判断材料となります。

検査結果は2〜3週間で送付され、結果レポートではDHT量がどの位置にいるのかを4段階でリスクを評価します。

リスクレベルやDHT値を示すことで、医療機関の受診やセルフケア等を行う目安になると期待できるため、適切な方法が分からないという方の助けになるでしょう。

薄毛に悩む高校生が増加しているって本当?

生活様式がめまぐるしく移り変わる近年、多くの方がストレスを感じながら生活しています。

とくに心身ともにまだまだ未熟な高校生は、環境の変化に適応できず不安を感じることも多いです。そのストレスから抜け毛が増えたり、薄毛に悩まされる高校生が多いのは事実です。

日本人男性の約3割がAGAになると言われている以上、誰でも薄毛になるリスクがあります。人に言いにくい内容ではありますが、若年層の薄毛は決して珍しいものではありません。

考えすぎは余計にストレスを感じるため、まずは今できる薄毛対策をしっかりと行うことにフォーカスしていきましょう。

参照元:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

若年層の薄毛の予防に有効な3つの対策

若年層の薄毛の進行を防ぐには、次の3つの方法をおすすめします。

  1. 生活習慣の見直し
  2. ストレスの軽減
  3. 育毛ケア

ここからはそれぞれの具体的な対策を見ていきます。

対策①生活習慣の見直し

生活習慣から薄毛を予防するには、まず食事と睡眠の質を見直しましょう。

食事面ではジャンクフードは極力控え、良質なタンパク質を中心とした栄養バランスのいいメニューを心がけます。適度な飲酒はOKですが、二日酔いになるほどの深酒はNGです。

就寝は毎日決まった時刻にするのが理想です。まとまった睡眠時間を確保し、翌朝すっきり目覚められる質のいい睡眠を目指してください。

対策②ストレスの軽減

薄毛対策にはストレスを溜めないのが一番ですが、難しい時は少しでも楽に過ごせるよう自分に合ったストレス解消法を模索しましょう。

気の知れた友人と話す、おいしいものを食べる、趣味の時間を作るなどどんな方法でも構いません。

ストレスは薄毛だけでなく心身の健康に悪影響を及ぼすため、深く考えすぎないことも大切です。

対策③育毛ケア

髪が育ちやすい頭皮環境を整えるには、入浴中の頭皮マッサージがおすすめです。

マッサージで血行が改善されるとその分髪に栄養が届きやすくなります。指の腹で適度な力を加えればリラックス効果も高まり、ストレス解消にも有効です。

若年層の薄毛にまつわるよくある質問

最後は薄毛でお悩みの10〜20代の方から多く寄せられる、若年層の薄毛についてのご質問にお答えしていきます。

Q.AGA治療は何歳から受けられますか?

20歳以上です。

AGA治療は男性ホルモンに作用するお薬を使用するため、身体が成長過程にある未成年者への投与はできません。

また、未成年者に対するお薬の有効性や安全性が確認されていないという理由から、20歳未満の方へのAGA治療薬を投与することはできないのです。

参考:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」

10代でどうしても薄毛が気になるという方は、お薬ではなく前項でお伝えした若年層の薄毛の予防に有効な対策からお試しください。

Q.父も薄毛で心配です。薄毛はどのくらい遺伝しますか?

薄毛の遺伝子は母親がもつX染色体から引き継がれるため、母方に薄毛の人がいると子や孫にも遺伝する可能性が高いと言われています。

しかし父親の薄毛が絶対に遺伝しないとは言い切れません。事実、母方に薄毛の人がいないにもかかわらず子が薄毛になった例や、父と子のみ薄毛であるという例もあります。

遺伝の確率を具体的に算出するのは難しいですが、父親が薄毛であれば自分にも遺伝する可能性は十分にあるとご理解ください。

Q.女性の若年層の薄毛は治りませんか?

女性の薄毛にはさまざまな種類があるので、症状に合わせて対処することで改善されている方もいます。

Q.育毛シャンプーは薄毛の改善に効果がありますか?

育毛シャンプーで発毛させることはできませんが、頭皮環境を整えて抜け毛予防を目指すことは可能です。

育毛シャンプーと市販品の違いは洗浄力で、市販品の方が皮脂汚れを強力に落とせます。しかし洗浄力の高すぎるシャンプーでは余分な皮脂まで落としてしまい、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを招くことに。

その結果抜け毛が増える恐れがあるため、頭皮に負担の少ない育毛シャンプーの方が薄毛ケアにはおすすめです。

Q.未成年でも育毛剤は使えますか?

使えます。

10代は皮脂分泌が活発なので、頭皮の皮脂バランスを整える効果のある育毛剤がおすすめです。

ただしアルコール配合のものは刺激を感じることがあるので、頭皮の異常や違和感があればすぐに使用を中止してください。

補足ですが、ミノキシジルなどの発毛成分が含まれる発毛剤は20歳以上でなければ使えません。

Q.薄毛のせいで自分に自信が持てません。

もしあなたが20歳以上なら、できるだけ早く専門クリニックなどに相談し、AGA治療を開始することをおすすめします。

AGA治療は薬を服用(あるいは塗布)するだけのいたってシンプルな治療法です。入院や手術は必要なく、個人差はありますが継続することで治療の効果が期待できます。

またAGA治療は年齢が若いほど効果を実感しやすいので、症状が悪化する前に早め早めの対策を講じることが大切です。

未成年の方は、まず生活習慣の見直しからはじめてみてください。食事や睡眠ですぐに薄毛が改善できるわけではありませんが、頭皮環境を整えることには大きな意味があります。

どうしても気になる方は、薄毛が目立たないよう髪型を工夫するのもいいでしょう。

加えて近い将来前向きにAGA治療を検討できるよう、今からAGAについての知識を深めておくこともおすすめします。

薄毛の原因を正しく理解し早めの対策を心がけましょう

若くして薄毛が目立ちはじめると「なぜ自分だけ」と人生を悲観したくなることがあります。

理想のヘアスタイルやファッションを楽しめないと悩む方や、他人の励ましの言葉すら聞きたくないという方もいるでしょう。気持ちはよくわかりますが、そこで諦める必要はありません。

若年層の薄毛は適切な対策が重要です。

20歳以上なら治療による効果も期待できるので、前向きに検討していただければと思います。

都道府県別のおすすめクリニック一覧

北海道のおすすめクリニック

札幌のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック札幌院

宮城県のおすすめクリニック

仙台のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック仙台院

東京都のおすすめクリニック

上野のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック上野院

新宿のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新宿東口院

AGAメディカルケアクリニック新宿院

新橋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック新橋院

銀座総合美容クリニック

東京のおすすめクリニック

池袋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック池袋院

渋谷のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック渋谷院

町田のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック町田院

秋葉原のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック秋葉原院

神奈川県のおすすめクリニック

川崎のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック川崎院

横浜のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック横浜院

AGAメディカルケアクリニック横浜院

千葉県のおすすめクリニック

柏のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック柏院

埼玉県のおすすめクリニック

大宮のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大宮院

愛知のおすすめクリニック

名古屋のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック名古屋栄院

イースト駅前クリニック名古屋院

石川県のおすすめクリニック

金沢のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック金沢院

静岡のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック静岡院

岡山県のおすすめクリニック

岡山のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック岡山院

広島県のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック広島院

京都府のおすすめクリニック

四条烏丸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック四条烏丸院

兵庫県のおすすめクリニック

神戸のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック神戸三宮院

大阪府のおすすめクリニック

なんばのおすすめクリニック

イースト駅前クリニックなんば院

大阪のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック大阪院

天王寺のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック天王寺院

福岡県のおすすめクリニック

博多のおすすめクリニック

イースト駅前クリニック博多院

福岡のおすすめクリニック

おすすめクリニックブランド一覧
都道府県別
おすすめクリニックのご紹介
オンライン診療
おすすめクリニックのご紹介
ブランド別
おすすめクリニックのご紹介

※おすすめクリニックはカッコイイ株式会社
PRにより掲載されています

毛髪ホルモン量測定キットを詳しくみる