生産本部 北村 早貴子

自分が手掛けた製剤を
上市させることを目標に、
今は製剤研究者として積極的に
経験を
重ねるようにしています。

北村きたむら 早貴子さきこ

生産本部 製剤技術部
2019年 入社

創薬への強いこだわりが、あすか製薬の魅力です。

現在の仕事について教えてください。

創薬への強いこだわりが、あすか製薬の魅力です。 製剤技術部では、新規候補薬物に対して物理化学的・生物学的特性を考慮して最適な投与経路や剤形を選定し、処方の最適化や安定性評価を行っています。その他にも、プロダクトライフサイクルマネジメント(以降、PLCM)として既存製品の改良も行っています。
 私は現在、候補処方の安定性試験やPLCMを主に担当しています。
基本的な評価試験を行うことはもちろんですが、あすか製薬では、ラボスケールの実験から生産スケールへの工業化検討、包装設計など、幅広い業務に携わります。また、国内外の製薬メーカーと連携し開発するケースも多く、研究や工場など他の部署とも連携を取りながら業務を進めていきます。

あすか製薬を志望した理由を教えてください。

 経営理念の「先端の創薬を通じて、人々の健康と明日の医療に貢献する」にもある、創薬への強いこだわりに惹かれました。現代では新薬開発がますます難しくなってきているといわれていますが、新薬創出を通じて患者さんを助けたいという会社の熱い思いに共感し私もそこに加わりたいと強く思いました。
 また、重点領域における強みを持っていることや、説明会で教えていただいた製剤技術分野の幅広い仕事に携わることができるという点においても、自分自身のスキルアップを図ることができると考えました。

製剤研究はメンバー全員が熱意をもって研究に取り組んでいるのでとても刺激があります。

仕事のやりがいについて教えてください。

製剤研究はメンバー全員が熱意をもって研究に取り組んでいるのでとても刺激があります 担当しているテーマの開発フェーズが進行していくときには、やはりやりがいを感じます。
 処方検討に携わった製剤が、臨床試験用の治験薬としてPTPシートに包装されているのを見たときには、とても嬉しかったことを覚えています。まだ開発段階の医薬品ですが、上市に向けたステップを着々と進んでいることを実感し、製薬企業の研究者としての喜びがありました。日々の業務においても、知識や理解が深まっていることを感じたり、実験の際により良い提案ができたときに自身の成長を実感することができます。最近では、その成果の形として特許も出願することができました。

特許の出願もされたのですね。北村さんが積極的に仕事に取り組むモチベーションはどんなところにありますか?

 部署の研究員全員が熱意をもって仕事に取り組んでいる点は、特に刺激になっています。
 先輩や上司に質問や相談をしやすく、若手からベテランまでの研究員が各々の意見を出し合える環境があります。あすか製薬は幅広く製剤研究に携わることができるため、若手のうちからどんどん学ぶことができ、製剤研究者として多くの経験を積み成長できます。
 私自身は担当しているテーマの医薬品が承認された経験はまだありませんが、将来、自らが手掛けた製剤の上市を見届けることが目標です。

医薬品が「カタチ」になる瞬間を見たいという思いが、成長への原動力です。

北村さんの今後のキャリアの目標を教えてください。

医薬品が「カタチ」になる瞬間を見たいという思いが、成長への原動力です 将来は、自分自身の考えで処方設計を行い、上市に至るまでの製剤化研究の業務をリードできる存在になりたいと思っています。今はまだ上司や先輩の指導のもとで業務を遂行することが多いですが、様々な分野の知識を幅広く身につけ、多角的な視点を持って仕事に取り組める研究者として成長したいです。あすか製薬は研修制度に加えて、自己啓発の支援も充実しているため、社員一人ひとりが「+α」の力を身に着けていくことができます。
 これからも医薬品が「カタチ」になる瞬間をたくさん実現していくために、製剤技術の基礎はもちろんですが、先輩方が持つ知識・技術・ノウハウ、そして新しい知見についても自分自身のものにして、研究者として成長していきたいです。

最後に学生の皆さんにメッセージをお願いします。

 就職活動は自分が将来どうなりたいかを考える良いきっかけだったと思っています。取捨選択をすることは非常に大変で悩むことも多いと思いますが、学生の皆さんには、この機会に自分と向き合いながら、自身の将来像について突き詰め、たくさんの会社を見て、社会人としてどのスタートラインに立つかを決めてほしいと思います。YOU ONLY LIVE ONCE!

ONE DAY SCHEDULE

9:00

出社後
メールチェック
今日の実験内容の確認

9:30

実験開始

12:00

昼食

13:00

上司とミーティング
(担当業務の進捗について情報共有)

13:30

実験および片づけ、
担当機器の日常点検

15:30

データ解析、
報告書作成、
文献調査

17:00

海外導入元会社との
Webミーティング

19:00

退社

MENU