創薬研究本部 𠮷原 遥佳

研究員一人ひとりの
バックグラウンドを
活かせる環境で、専門分野の
スペシャリストになり、
研究所から頼られる存在を
目指しています。

𠮷原よしはら 遥佳はるか

創薬研究本部 
応用創薬研究部
2020年 入社

部署というチーム全体で、研究を前進させることが大きな充実感に繋がっています。

現在の仕事について教えてください。

部署というチーム全体で、研究を前進させることが大きな充実感に繋がっています。 私の部署のミッションは、新薬の芽を創出する探索研究です。
 主に文献から薬の標的となる生体分子を探索して、情報の正確性の確認と文献だけでは不十分な情報を補うための実験を行い、見つけたターゲット分子が創薬の標的として適切であることを証明していきます。
 私は、培養細胞を用いた候補化合物の有効性評価のためのシステムの確立を主に担当しています。また、文献調査や学会聴講などを通じて、泌尿器科領域と産婦人科領域を中心とした新規ターゲット探索も行っています。研究の際には、ただ決められたプロトコルに沿って実験するのではなく、精度が良く再現性の高い結果が得られる方法を工夫することを常に心掛けています。

仕事のやりがいについて教えてください。

 自分の研究で新薬を創出し、多くの患者さんを救うことができること、それが大きなやりがいだと考えています。
 新規化合物の探索研究では、「世界では今、どのような薬が求められているのか?」、「この既存薬ではどこに改善点があるのか?」、「何をターゲットにすれば、より有効性の高い医薬品が作れるのか?」など、多面的な視点から考える必要があります。様々な視点で考えることは難しくもありますが、それこそが研究ならではの魅力だと感じています。
 実験はうまくいかないことも多いですが、上司や先輩が一緒になって課題を打破する方法を考えてくださるので、研究が前進した時にはチームとしての大きな充実感があります。

入社の決め手は、「この会社で仕事と家庭を両立して活躍したい!」と強く思えたこと

𠮷原さんは育児をしながら就職活動をされていたと聞きました。製薬業界で就職しようと考えた理由を教えてください。

入社の決め手は、「この会社で仕事と家庭を両立して活躍したい!」と強く思えたこと 製薬会社の研究職を目指した理由は、世界中の人の健康に貢献したいと考えたからです。大学院在学中に出産を経験しましたが、育児と勉強の両立をするなかで自身と家族の健康の大切さを痛感しました。農学部出身の私にとって製薬会社は初めて飛び込む世界でしたが、説明会や面接を通して大学院で磨いた研究スキルを活かせる場だと感じることができました。
 また子育てをしていることから、「仕事と家庭の両立」は私の中で就職活動の軸でした。そのような中、あすか製薬は温かい雰囲気で、家庭との両立に対する私の不安に真剣に向き合ってくれました。入社後の生活を具体的にイメージすることができ、とても安心したことを覚えています。
 「この会社で仕事と家庭を両立して活躍したい!」と強く思えたことが、入社の決め手でした。

実際に働いてみて職場の雰囲気はいかがですか?

 とても風通しの良い職場です。入社直後に緊急事態宣言が発令され、在宅勤務となった時には不安も大きかったですが、上司が定期的にオンラインミーティングを行ってくれました。オンラインながら、直接上司に業務の進捗を報告できたので、少しずつ会社の雰囲気に慣れていくことができました。
 今は上司や先輩にちょっとした仕事の質問や相談をし、逆に気づいたことがあればその場で指摘、アドバイスをもらえる環境で働いています。子供の都合で急な有給休暇をとることもありますが、部署全体で柔軟に、快くサポートしてくれることに感謝しています。

年が近い先輩方が活躍される姿は、「私も次に続きたい!」という研究職としてのモチベーションに繋がっています。

働く環境のほかに、あすか製薬の強みと感じることはありますか?

年が近い先輩方が活躍される姿は、「私も次に続きたい!」という研究職としてのモチベーションに繋がっています。 内科、産婦人科、泌尿器科という明確な専門領域があることは大きな強みだと感じます。研究部門では、研究員一人ひとりのバックグラウンドを活かした各領域のスペシャリストの育成に力を入れ、専門領域での創薬を目指しています。
 また、メガファーマではない分、個人の裁量が大きく、若いうちからテーマ発案などいろいろなことにチャレンジできるのも大きな魅力です。部署内でのディスカッションでは、先輩後輩にかかわらず自分の意見を述べることが歓迎されます。また、入社してすぐに取り組んだ泌尿器疾患の探索研究では結果が出ず悔しい思いをしましたが、上司や先輩はその結論に至った考え方や調査方法などの“過程”も踏まえて評価してくれました。
 年が近い先輩方が活躍される姿は、「私も次に続きたい!」という研究職としてのモチベーションに繋がっています。

𠮷原さんの今後の目標を教えてください。

 3年後も5年後も、「働くママ」として仕事と家庭を両立していきたいと考えています。自分の軸を決めた就職活動はつらいこともありましたが、10年後、20年後、30年後にどんな自分になっていたいのか、自分の将来についてじっくり考える貴重な時間でもありました。
 今は知識や経験の積み重ねを大切にして、自分の専門分野でのスペシャリストになれるよう日々の研究に取り組んでいます。研究職としては、5年後に高い専門性を強みとして研究所内でも先輩や後輩など多くの人に頼られる存在になれることを目指しています。

ONE DAY SCHEDULE

8:00

出社後、
メールチェック

9:00

その日実施する
試験計画を確認し、
実験(培養細胞への薬剤添加等)

13:00

部内ミーティング
実施中の実験に関する結果報告、
ディスカッション等

14:00

文献調査、
データ解析、
試験計画の作成等

17:00

退社
子供のお迎えへ

MENU