営業本部 佐藤 愛子

担当している医師から
「患者さんのQOLが向上した。
いい薬だね。」
と言われた時に
「この仕事をやっていてよかった」
と実感しました。

佐藤さとう 愛子あいこ

営業本部 MR
2015年 入社

新薬と後発品の両方を扱っているので、医療関係者との会話の幅が広がり、相手のニーズにあった話題を提供しています。

現在の仕事について教えてください。

新薬と後発品の両方を扱っているので、医療関係者との会話の幅が広がり、相手のニーズにあった話題を提供しています。 クリニック・調剤薬局を中心に訪問して、医師や薬剤師など医療関係者へ医薬品に関する情報提供活動を行っています。自社製品をお使いいただいている患者さんの治療状況を医師から伺い、処方提案を行うこともあります。また、薬剤師だけでなく、看護師などのコメディカルと呼ばれる方へ、医薬品や疾患に関する情報の提供や収集も行います。

どんなスケジュールで、医療機関を訪問しているのでしょうか。

 朝はまず、医薬品卸の事業所を訪問します。医薬品卸の営業担当者と担当施設についての情報交換や、医師との面談について状況報告をします。また、朝礼の時間を頂いて自社製品の情報提供活動への協力依頼を行うこともあります。
 12時頃からは担当する地域のクリニックを訪問します。クリニックは1日5~6軒訪問しています。また、2016年11月にリフキシマが発売になったことにより、病院での情報提供活動が以前より多くなりました。

職場の人たちとは、ランチや仕事帰りに食事に行ったりします。
仕事上での疑問や悩みがあるときは、電話でも相談に乗ってもらっています。

MRとして活動して2年が経ちましたが、最も嬉しかった経験を教えてください。

職場の人たちとは、ランチや仕事帰りに食事に行ったりします。 2016年に肝性脳症に関する適応を持つリフキシマが発売となりました。
入社して初めてとなる新薬の採用活動のため、医師に製品の良さを感じて頂くことに非常に苦労しました。しかし、本剤をお使いいただいた医師から「リフキシマを使い始めた患者さんのQOL(Quality Of Life:生活の質)が向上したよ。いい薬だね。」とお言葉をいただいた時には、「この仕事をやっていてよかった」「人の役に立てているな」と感じました。

反対に、大変だと感じることはありますか。

 自分で訪問先や一日のスケジュールを決めなければならないことが大変です。
 3年目になってようやく慣れてきましたが、新人の頃は毎日の予定を立てることに追われていた気がします。また、MR活動だけではなく、報告書など書類の提出といった内勤業務もあるので、空いた時間を使って作成するように工夫しています。できるだけ効率的に仕事を行えるよう、今でも試行錯誤しながら働いています。

MRとして経験を積み、将来は甲状腺に関わる仕事をしたいです。

今後のキャリアにおいての目標を教えてください。

MRとして経験を積み、将来は甲状腺に関わる仕事をしたいです。 結婚や出産を経ても仕事は続けていきたいと思っています。また、MRとして経験を積み、将来的にはあすか製薬の強みの1つの甲状腺領域に関わる部署で仕事をしたいと考えています。

最後に、あすか製薬に興味を抱く学生さんに向けてメッセージをお願いいたします。

 「ぜひ、あすか製薬に!」と言いたいところですが、色々な企業を見てほしいです。
 多くの企業が惜しみなく情報提供してもらえることは、就職活動生の特権だと思います。就職活動中は企業・業界・社会のことを知ることができる絶好の機会です。悩むことも多いと思いますが、頑張っていれば最終的には「ここで働きたい!」と思える企業に出会えると思います。就職活動の結果、あすか製薬を選んでいただけたならうれしいです。

ONE DAY SCHEDULE

8:00

特約店へ訪問

10:00

出社 内勤業務

12:00

クリニックへ訪問

14:00

午後診療中に
訪問可能な
クリニックや
薬局へ訪問
(5~6軒)

17:00

病院へ訪問

19:00

帰宅

MENU