信頼性保証

品質保証体制と安全監視体制の継続的な強化により、品質と安全性を確保

患者さんや医療関係者の皆さまに医薬品を安心して使用していただくため、その品質と安全性に問題がないか、販売後も監視を怠らず、必要な場合には的確かつ迅速に対策を講じることが重要です。医薬品は医薬品医療機器等法により、品質と安全性を確保するための厳格な管理が義務づけられており、品質についてはGQP(Good Quality Practice:医薬品等の品質管理の基準)、安全性についてはGVP(Good Vigilance Practice:医薬品等の製造販売後安全管理の基準)という管理基準が定められています。あすか製薬では、これらの関連法令や基準を遵守し、製造販売業の三役体制と関連部門との密接な連携を図るとともに、従業員の教育研修を充実させ、品質システムの強化、安全対策の強化および適正使用の徹底を推進しています。また、患者さんや医療機関、生産工場の皆さまから当社の医薬品に関する品質情報や安全性情報を収集·評価し、評価結果に対して適切な措置を講じることにより、医薬品の品質管理と安全管理に努め、継続的な質の改善に取り組んでいます。

品質保証体制・安全監視体制と情報の流れ

TOP