ごあいさつ

PRINT
医療品業界を取り巻く環境変化に対応し、企業価値の向上を追求するため、「トータルヘルスケアカンパニー」を目指して、新たな挑戦を続けてまいります。医療品業界を取り巻く環境変化に対応し、企業価値の向上を追求するため、「トータルヘルスケアカンパニー」を目指して、新たな挑戦を続けてまいります。

 2021年6月24日、代表取締役社長に就任いたしました山口惣大でございます。就任にあたりまして、皆さまに一言ご挨拶申し上げます。
 あすか製薬は昨年の6月に創立100周年の節目を迎え、次の100年に向けて新たにスタートしたところです。これもひとえに皆さまからの永年にわたるご愛顧とご支援の賜物であり、心から感謝申しあげます。
 当社は1920年、創業者山口八十八が「帝国社臓器薬研究所」を創設し、動物の臓器から有用な医薬品を創り出すという独創的な発想により、ホルモン製剤の研究・製造・販売を開始したことから始まります。常に医療ニーズに貢献する医薬品を提供するという精神を持ち、皆さまとともにさまざまな困難を乗り越え、事業を発展させてまいりました。この創業者の思いは、「先端の創薬を通じて、人々の健康と明日の医療に貢献する」という当社の経営理念に込められております。
 現在、製薬産業を取り巻く環境は過去に類を見ないほど大きな変化を迎えております。この環境変化に対応していくため、本年4月「あすか製薬ホールディングス」が誕生いたしました。当社はホールディングスの中核子会社として、内科、産婦人科、泌尿器科の重点3領域に特化し、競争力のあるスペシャリティファーマを目指しております。また、成長を続けるアジア市場を中心に、海外事業にも尽力してまいります。
 皆さまにおかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申しあげます

代表取締役社長 山口 惣大

TOP